« 朝粥、揚げパン | トップページ | バナナにチロル »

2004.04.29

朝粥、その後

今日は、天気もよかったので、早朝から行動しました。予告どおり。
中華街もホント、行きやすくなりました。
で、喰ってきました。粥。ちゃんと、揚げパンつきで。
久しぶりでした。うまかった。

場所は、謝甜記貮号店で。
「とりがゆ」と「すじがゆ」を喰いました。ぎりぎりまで、もつがゆも悩んだのですが。
で、勿論、揚げパンも頼みました。お店のひとからは、「1つでかなり多いですけど」といわれましたが、2つ頼んだところ、そのとおり、むちゃくちゃ大きかったです。日本仕様にはしていなかったのね…

ひとつといっても、棒状のかなり大きなパンが、2つくっついている形(うーんと、でかい、たらこくちびるちゅうか、うまい棒のでかいのが2つくっついている。例え、悪いな。要は、1セット2本)ので、それ自体で、2つじゃん(横浜なので)なのです。

粥ですから、味の幅は、限界があるとおもうけど、この揚げパンがあるから、いいんだなぁと思った。
カスタマイズできる感じもあるし。まあ、このパンのおかげで最後、やばくなったのだけれど。

揚げパンを入れると、パンの油(手でつまむとかなり油が出てくるぐらい)が、粥にとけていき、同時に、塩気も追加されていくので、味が、むつこくなって、よりうまくなっていくのだ。

素のままの時は、オイシイという感じだったけど、パンを1つの半分(といっても、形状からいうと、1つ)使い切るちょっと前ぐらいが一番うまかった。
それ以降、パンを入れる度(貧乏な生まれなので、残せません)、むつこくなってしまって、最後、ヤバかった。

値段とすれば、700円以下、パンは、200円しなかったし、具も、かなり入れてくれているので、お得感はあった。
女性なら、ハーフサイズで十分かもしれない。

最後の油たっぷりのお粥で、昼ごはんは喰えなかったけど。
まあ、油でもたれた腹は、青空と海で中和されました。

追記
一緒にとった、小籠包は、たれの酢と生姜はよかったけど、生地がもさっとしていて、個人的には、いまいち。
まずくはなかったけど。お店の人はいい感じ。あと、中華街は、朝早めに行ったほうがよいなと再認識。開いてる店は少ないけど。

|

« 朝粥、揚げパン | トップページ | バナナにチロル »

コメント

ほほう。小龍包のうまいみせかぁ。

じつは、小龍包自体はそれほど、(みながわくわくしている気持ちに比べたら)、絶対食べたい点心じゃないんだけど、うまい。そして、汚めときくと、こりゃいかないと。

情報アリガト。今度連れて行って!

投稿: 俺 | 2004.05.07 21:40

小龍包と言えば!
浜松町にある「新亜飯店」がオススメですよ。
http://www.kanshin.com/index.php3mode=keyword&id=54443

春巻きも、美味しかった。
けど、炒め物系は、気持ちしょっぱいかな?という感じだけども、
美味しいです。ビールが進みます。
が、お店の回転がひっじょーに早いので、まったりせずに
がっつり食べたいね!!って時以外はオススメしません。

でも、まー1度いって小龍包を味わってみてください。

投稿: しゅうた | 2004.05.07 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/512059

この記事へのトラックバック一覧です: 朝粥、その後:

« 朝粥、揚げパン | トップページ | バナナにチロル »