« オリジンのアジフライって | トップページ | オールドファッションと多摩川 »

2004.07.25

剣豪…つよっ。

今回のNumber(607号)を読みました?

表紙から、なんと5ページ目(表紙、広告除くとトップ)に、あるフェンサー(フェンシングの選手)の記事が出ていました。
ボクの記憶では、フェンシングの記事が取り上げられているのは、3回目だと思う。
といっても、今までは、オリンピックの時や、女性選手の特集などで、ほんの小さな囲み記事で取り上げられたぐらい。
彼の名前は、太田雄貴選手。
ものすごい強い選手がいるという、噂はうっすら聞いていたけれど、経歴を見ると、すごすぎ。強すぎ。
高校時代にインターハイ3連覇(史上初)。高校1年~3年まで、すべて優勝ということ・・・

***太田雄貴選手いわく***
「フェンシングは対人競技だから、僕みたいに"弱いやつ"にもチャンスはあるんです。略」
*********************

って、確かにそうだけど、インターハイで全て優勝するって、(競技上、優勝までに至る過程で負け可能だが)、圧倒的。それでも、世界ランク18位とのこと。
だけど、このぐらいだと、おそらくトップにも勝つこともできるだろうな。本人もそのようなことは言っているし。

一度みてみたい。アテネの大会は、TV観戦できるやろうか。関西のリーグということなので、関東では見られないけど、全国大会などこっちであるとき、ちょっと見に行きたいな。
現役なら戦ってみたい。(なんて?)
そして、完膚なきまでに叩きのめされて「参りました!」といってみたいもの。

経験でも何度かあるけれど、圧倒的な強さというのは、甘美で、戦意喪失するものだ。

とにもかくにも、アテネで勝利を願います。結果として、日本で、「フェンシング」への興味、関心がおきることを願うばかり。

|

« オリジンのアジフライって | トップページ | オールドファッションと多摩川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/1046947

この記事へのトラックバック一覧です: 剣豪…つよっ。:

« オリジンのアジフライって | トップページ | オールドファッションと多摩川 »