« 滑り落ちて、突如現れる塔 | トップページ | ネットグリーティングカードは数あれど »

2004.09.04

お好み焼きの作り方-くろちゃん焼きの秘密1-

一部にやたら気に入ってくれている俺のお好み焼き。
(といっても、両手で足りるが)

「店を出せ」と冗談交じりに言ってくれる人もいる。
まだまだ、向上させたいところはあるけれど、家庭でできる範囲で作っている。
素材も、いろいろと手を入れたい部分もあるし、焼きの面で言うと、厚い業務用の鉄板があれば、もっと美味く焼けるだろう。

パブとお好み焼き屋を自分が納得できる形で融合できるなら出してみたいが・・・無理だろうな。
まぁ、パブの一品として、供することはできるだろうけど。パブの風景にお好み焼きが合わない。

常々、思っていて、周りに信者を作るべく声高に言っているのだが、「お好み焼き」が料理としての地位が低い。
大体、粉モンで、お客に焼かせるスタイルが多いことがそうさせた一因だと思っている。
うまいお好み焼きを喰わせるところは、お客に作らせない。
(お好みの心の師匠「ふみや」も勿論、そう。ふみやは、Webで師事するやまけんさんに喰らってもらいたい。高松に行く機会があれば、是非!)

長くなってしまったけど、我が家では、キャベツがあって、卵があるときは、よく焼く。
先日も焼いて、たらふく、腹を膨らせました。
いろいろと自分なりに編み出したり、真似したりした方法があるのだけれど、簡単で、驚くほど、効果があるのが、この方法。是非、一度、皆さんに試してもらいたい。

それは、生地と具の間に(具を載せる前に)、しそ(大葉)を一面に敷き詰めることである。

これにより、ソースべったりの味を幾らか、ニュートラルに持っていけるし、具の、ムツコサ、脂っこさをより強調できる。(つまり具の選択肢が広がる)

これだけで、かなり美味しいと思いますので、是非、一度!

ちなみに、これは、オリジナルではなく、店名は忘れましたが、大阪のお好み焼きで出会った方法です。
お店の名前を忘れてしまって恐縮ですが、感謝してます。お分かりになる方が教えてください。

|

« 滑り落ちて、突如現れる塔 | トップページ | ネットグリーティングカードは数あれど »

コメント

ギネスは、あわないとは思ってないけど、食事の要らない酒。
ソースなんかがかかっている食べ物は、やっぱラガーでしょうね。

インテリアではなく、パブが持つハードな雰囲気にお好み焼きって、少し、不釣合いなんだよねぇ。雰囲気壊すと思うんだよね。匂いもそうだけど。

インテリアという面では、鉄板は設置できないだろうね。
僕が焼くのは、お客に焼いてもらうわけではないので、鉄板は不要だけど、保温という意味では、多少の必要はある。だけど、あわないので、イランだろうねぇ。

とはいえ、日本では出せば、それなりに喰ってくれる人もいるだろうね。パブには、ラガーもあるし、パブの風景としてのいい意味でも悪い意味でも、先入観や自分のようにこうあるべきという意識も薄いだろうし、ね。


投稿: bard | 2004.09.07 01:44

お好み焼きとパブ、融合するのは難しいかぁ…
でも、お好み焼きとギネスって意外と合うと思うんだけど。

インテリアとかお店のつくりとか、そういうのが難しいって
ことですよね。

あーん、でもそういうお店ってありだと思うけどな。

私お店出してみたいなって思うことがありますが、
もし出すとしてもメニューにあるのは何もバランス考えない
無国籍なものばかりになると思う。
フードはカポナータやキムチ料理、そしてドリンクは
ベリージュースや中国茶、といったように自分の得意なもの、
好きなものだけ出すお店、みたいな。
(ホントめちゃくちゃ)

投稿: aiko | 2004.09.06 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/1354394

この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼きの作り方-くろちゃん焼きの秘密1-:

« 滑り落ちて、突如現れる塔 | トップページ | ネットグリーティングカードは数あれど »