« フェンシング日本選手権をみたぞ!太田対岡野 | トップページ | 生ハムを作れば、至福現る »

2004.12.12

妙蓮寺で饂飩

新居のお祝いに、自社(恐縮です。宣伝で)の絵皿を赤坂で飲んだときに、友人に贈ったのだが、間違って、違う方に贈るものを渡してしまった。

友人に渡してしまったのは柄はまったく同じだが、裏にメッセージが入っていて、人から渡すよう頼まれていたものだった。なので、交換してもらうために、友人宅に出かけた。

そこで、実家から送ってきたばかりの饂飩をご馳走になった。久しぶりの讃岐うどん。
細めの感じで、しっかりしていて、だしもなかなか美味しい、半生タイプの饂飩としての全体としての完成度は高いのではないだろうか。ちなみに、亀城庵というところの饂飩で、ネット通範にも力入れているみたい。

さすがわが地元の友人、麺の上用に、竹輪のてんぷらと掻揚げ+てんぷら(練り物のほうですな)まで用意してもらってくれていて、香川の日曜の昼下がり気分を堪能しました。

しかし、竹輪も掻揚げも、量がかなり大きくてワイルドな感じで、香川のうどんやゃ~感を放っていました。
妙蓮寺唯一のスーパー、「OKストア」産だそうでです。すごい店名…、だけど、OKっす。

あらためて、ご馳走さまでした。休日にお邪魔してすまんね。

帰りに駅のホームから、なかなか奇抜なロゴを確認して、再度、「OKっす。」と寒空の下つぶやいておきました。

|

« フェンシング日本選手権をみたぞ!太田対岡野 | トップページ | 生ハムを作れば、至福現る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/2246884

この記事へのトラックバック一覧です: 妙蓮寺で饂飩:

« フェンシング日本選手権をみたぞ!太田対岡野 | トップページ | 生ハムを作れば、至福現る »