« 清里ハム工房の骨付きハム丸ごと | トップページ | ラピュタとアイルランド »

2004.12.23

その改札を抜ける。ようやく、冬の風が頬に。

そう、あと1週間で、年も変わるのだ。
なのに、関東地方は、12月の末だなんていうことが信じられない勢いでここまでやってきた。
冬至を迎える厳かさも感じないまま、この時期を迎えた感じだ。

だけれど、さっき、ようやく冬を感じた。
電車を降り、駅の改札を10mほど前にして、行き交う人のせわしさが暮れの雰囲気を漂わせ、改札を急ぎ足で抜けて帰路に向かおうとする足々をみながら、電車を降りたばかりで急激な気温変化が余計に改札を通るときに頬に感じた冷たさが冬を意識させた。

|

« 清里ハム工房の骨付きハム丸ごと | トップページ | ラピュタとアイルランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/2357146

この記事へのトラックバック一覧です: その改札を抜ける。ようやく、冬の風が頬に。:

« 清里ハム工房の骨付きハム丸ごと | トップページ | ラピュタとアイルランド »