« その改札を抜ける。ようやく、冬の風が頬に。 | トップページ | 書き続ける脅威 »

2004.12.24

ラピュタとアイルランド

先ほどまでラピュタが放送されていた。
ほとんど観ることができなかったけれど、やっぱ好きだなぁ。
人に言わせると、宮崎アニメのよかったぎりぎりの作品だと。
以降の作品はまったくだめだ(=カリオストロまでが良いという論調で、ラピュタまでが許容範囲)のことだそうだ。
なんとなくわかるような、わからんような。

天空の城「ラピュタ」は、ジョナサン・スイフトが書いた「ガリバー旅行記」にその記述がある。(とのこと。読んだことがないので…)
この「ガリバー旅行記」って、本の題名は有名だけれど、読んだことがない本の典型の気がする…

そのスイフトは、アイルランド生まれって、知ってました?
生没年を調べると、1667-1745年ということだから、アイルランドが誇る「ギネス」を彼は呑んでいないのだろう。
きっと、英国産のポーターは呑んだかもしれないが。
ちなみに、ヤフー(野蛮人)ちゅうのも、この作品で出てきたとか。

|

« その改札を抜ける。ようやく、冬の風が頬に。 | トップページ | 書き続ける脅威 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/2366044

この記事へのトラックバック一覧です: ラピュタとアイルランド:

« その改札を抜ける。ようやく、冬の風が頬に。 | トップページ | 書き続ける脅威 »