« ミント味のマフィンか謎のマフィンか… | トップページ | ジャガイモの必然性について(スペインオムレツ) »

2005.01.02

トリッパはメキシコでも!

以前に、トリッパ(センマイ)は、世界でも3カ国(イタリア、ポルトガル、日本)ぐらいしか喰らわないという、どこかで読んだことを書いたのだけれど、そうでもないようだ。

トリッパに限らず、臓物、ホルモンは、いい肉の産地がどこかに卸す、もっときつく言えば、搾取される構造さえあれば、つまりはどこでも、食文化として発展するはずなのだけれど、意外と聞かない。

あまりに局地的過ぎて、有名になるほどになったものがないだけで、実は、結構あるはずと思っていたし、実際、幾つかの国の料理で、臓物はちらほらあるので。

つい先日、メキシコにも、タコスの具として、かなり味濃く炒められたトリッパ(見た目は、お好みに入れる牛スジのようにみえたが)をトルティーヤに挟んで食べるのを見た!一瞬。
「うまそー」で、すぐに記憶に残った。

嗚呼、どこか東京にないかな。

メキシコ料理は、結構好きでいろいろと喰いに行ったりしたが、あったところはなかったと思う。
そのつもりで行っていないから覚えていないだけかもしれないけど、メニューをみたらすぐに反応すると思うのだけれど、なかった気がする。あまりに庶民的過ぎて、置いていないのかなぁ。東京のお店では。

しかし、うまそうなタコスだったな。トリッパとレタスとライム、それだけ。

どなたか情報お願いしますです。

|

« ミント味のマフィンか謎のマフィンか… | トップページ | ジャガイモの必然性について(スペインオムレツ) »

コメント

コメントありがとうございます。
数年前まで中目黒に住んでいたので、何回かいったことがあります!

しかしながら、記憶にないんです。
あったのかなぁ。改めて、再訪しなければいけませんね。

あの場所は、わかりやすくていいですよね。
数年前の印象でいうと、現地過ぎず、日本過ぎずといった感じが強くて、雰囲気のよさは買っていたのですが、これぞ!という印象が薄いというのが僕なりの感想です。
代官山に何故、メキシカン?というインパクトはありますけど。

投稿: bard | 2005.01.05 21:44

あけましておめでとうございます。
さて、内臓の煮込みを挟むタコスですが、老舗のメキシコ料理屋、代官山「LA CASITA」にあったと思います。

就職した時、会社が代官山だったので、何回か行った事があります。当時は美味しかったです。

もうだいぶ行ってないので、味が変わっている可能性がありますけれど。しかし飲食店にとって「生き馬の目を抜く」といわれる代官山のまあまあいい場所(一時期は仮駅の真ん前だった)で、20年近くもやっているんですから、それなりの実力だろうと思われます。
参考になれば。

投稿: pinmama | 2005.01.05 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/2450892

この記事へのトラックバック一覧です: トリッパはメキシコでも!:

« ミント味のマフィンか謎のマフィンか… | トップページ | ジャガイモの必然性について(スペインオムレツ) »