« 動き出す改心 | トップページ | オープンソースお好み焼きやら料理法やら »

2005.01.06

モルトビネガーをもっと!!(第二弾)

なんとSARSONSの日本代理店の方からコメントいただいてしまった

なかむらさま、ありがとうございます!恐縮です。
UKやアイルランドのソウルフード、醤油に等しいのに、HEINZでアメリカ産なんて納得できませんからね。
そういった意味、日本でもぎりぎり入手できるといった点でも取り上げたのでした。以前は。
バランス自体もそれほどえぐくなく、控えめなので、モルトビネガーに入り易いかなとも思いましたし。

個人的には、現地のパブにあるようなパンチの効いたどこのものかわからないようなえぐいぐらいのが好きなんですけどね。
実際は、置き放しで、酸化したり、古くなったりで味が変わってしまっているだけなのだろうけど。

ひなびた定食屋においてある醤油さしのような風景が好きなわけです。

ホブゴブリンの運営もされているようです。今後の、パブネタが書きづらくなりますね。
(実はまだ取り上げていなかったので)
といっても、こちとら自腹じゃい精神でいきますが…

ボディントン(最近、樽扱っているところ増えました)の生樽やサイダーなんかもやられているようで、個人的に合点がいくことが多数出てきました。

SARSONSですが、広尾のNATIONAL AZABU SUPERMARKETなんかで入手可能です。のはず。そうですよね。>なかむらさん
(#なれなれしくてすみません)
ぜひ、お取り扱い店を皆様のためにも(特に、僕ですが)お教えください!

今後もよろしくお付き合いのほどをお願いします。パブがお好きでしたら今度、ぜひ、行きましょう。

|

« 動き出す改心 | トップページ | オープンソースお好み焼きやら料理法やら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/2493034

この記事へのトラックバック一覧です: モルトビネガーをもっと!!(第二弾):

« 動き出す改心 | トップページ | オープンソースお好み焼きやら料理法やら »