« ガラムマサラ、少し足りん-タンドリーチキンの作り方- | トップページ | 階段を駆け上がる自分たちのソウル"saviors of soul" »

2005.01.09

漬込み過ぎを反省する。あらためて。

昨日(1/8)のエントリで書いたように、タンドリーチキンを作った。

これまでで一番漬け込んだ。それが、忸怩たる思いの元だった。
実は、漬け込んで、夜(7,8時間後)に一度、試しに焼いて、かなりいい感じだったので、こりゃあ、いけると思っていた。
で、24時間後に、焼いてみると、かなり辛くあがってしまった。
ソースを作るときに、酒が出る席だからと思って、辛めにしておいていたのだが、漬込み時間が長くて、思った以上に辛くなってしまった。考えてみたら、当然なのだけれど、そういえば、10時間程度でいつも焼いていたから、ソース作成時の味=焼き上がりの味だったのだけれど、それ以上になると、アタリを控えめにしなければいけないことがわかった。

喰らえなかった方々は、次のバウトを期待してください。次は、完璧に、ひれ伏させます。
そんな悔いの残るかしわを喰らって、うまいと言ってくれて方、ありがとうございました。

|

« ガラムマサラ、少し足りん-タンドリーチキンの作り方- | トップページ | 階段を駆け上がる自分たちのソウル"saviors of soul" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/2543523

この記事へのトラックバック一覧です: 漬込み過ぎを反省する。あらためて。:

« ガラムマサラ、少し足りん-タンドリーチキンの作り方- | トップページ | 階段を駆け上がる自分たちのソウル"saviors of soul" »