« ありがとう | トップページ | 秘密結社の幸運 »

2005.02.19

コインのきまぐれ-THE DUBLINER'S CAFE & PUB 虎ノ門-

虎ノ門のダブリナーズに、約束より小一時間ほど早めに着いてしまって、地下鉄から地上に出るとすぐのところにあったので、入った。

THE DUBLINER'S CAFE & PUB 虎ノ門(ザダブリナーズカフェ&パブ虎ノ門)

2年ほど前のpenの特集にも出ていたので、気にはなっていたのだけれど、虎ノ門、新橋に縁があんまりなかったのと、一番メジャーなダブリナーズをいまさら取り上げるのもなぁなんてひねくれた思いもあって、取り上げていなかった。ご存知かと思うけれど、意志薄弱天邪鬼なので。

ダブリナーズが日本でパブを定着させた、というより、パブという文化を認知させたことについては、本当に賞賛に値する。黎明期の10年ほど前は、よくお世話になった。特に新宿。

-DRAUGHT(生樽)----------------------
ギネス
キルケニー
(上記2種 1pint¥900/half pint ¥500)
エビス
(1 pint ¥800/half pint ¥500)
ブラックソーンサイダー-BLACKTHORN CIDER- 1pint ¥900
※ ↑最近、おいているところが増えてきた生のサイダー

ウイスキー:アイリッシュ、スコッチ豊富。ジェイムソン、ブラックブッシュは、年数ものもいろいろ。
   かっこいいのは、入ってすぐの左手の壁に、とても立派なブラックブッシュのパブミラーがある!
   その他、ワインもいろいろ置いている。CAFEと冠していることもあってか。

支払い:キャッシュオンデリバリー
   (※カードも使えるようだ。機械を置いていたので。頼めば、後払いとか、いろいろできるのではないだろうか)
席数:50席弱(カウンター10席ほど、テーブル20席ほど、奥にパーティー用の場所があるので、通常は、30席ほどで混み合ったら開放しているとのこと)
モルトビネガー:ハインツ
飲んだ量:ギネス1パイント+タラモアデュー1杯
------------------------------------

サイトを探してみて、気が付いたのだけれど、ダブリナーズは、ただの「ダブリナーズ」と「~&カフェ」という2種類の業態があるようだ。おそらく、出店地域の客層・雰囲気・営業時間やメニューで区別しているのだろう。

昼間もやっているので、昼下がりに軽く飲むこともできる。ただし、オフィス街ということもあって、土・日はやっていないのが残念。
地域柄もあってか、(というか、マーケットのある場所に出店しているのだろうけれど)、外国人の比率は高い。近くの外資系企業の皆様御用達といった感じの客層。

でも、お店自体に、スノッブというのか、排他的な印象はない。
パブ本来のお客が来ている証拠だ。
また、パブ自体が路面店で通りに面してオープンな感じがあることもあるし、何よりも、感じのいいバーマンがいるからだ。スタッフの皆が、ちょっと、明るい居酒屋チェーンの元気さで迎えてくれるのは、若干、つらいところもあるけれど。まあ、店の雰囲気に貢献はしているかもしれない。もし、「お帰りなさい」といわれたら、即座に手榴弾投げるけれど。

外国人・女性が多いせいか、キルケニーが良く出ている印象。時間帯のせいもあるかもしれない。(ハッピーアワー<17:00-19:00>中に訪問)

バーマンが真摯だというのも多分にあると思うが、サージング時間については、申し分ない。最近のパブはしっかり見習ってほしい。サッポロ系列だから、この点、品質に対して行き届いているのだと思う。
ただ、前述したように、キルケニー、エビスがでていて、意外とギネスがオーダーされていないせいか、すこしたれてる印象。
注がれた後の視覚的な印象は、かなり素晴らしいのだけれど、飲むと、たれ気味で、もしかすると、運悪く、樽の最後のほうに当たったののかもしれない。

温度については、ばっちり。冷えすぎず、ぬるすぎず、心地よい冷たさ。
自身の好みには、ほんの少し届かずだけれど、ここのバランスが好きだという人も多いと思う。

注ぎ方は、ホントまじめだし、心地よく会話を楽しめます。僕の行った日のバーマンだと。
(名前を伺えなかった。)
警戒心が強いので、すぐには、しゃべらないが、おしゃべりにならない程度に、お話できた。
つい最近、4年目に入ったこととか、penのことを話したら、とても嬉しそうに答えてくれた。

ハッピーアワーの時間帯は、生ビールは100円引き、カクテル500円、フィッシュ&チップスとかが、500円なので、ビール以外の飲物を頼んだり、食事をする人にとっては、かなりお徳では。

あっ、使用しているモルトビネガーは、ハインツでした。

時間があまりなかったので、しっかり雰囲気に酔うことはできなかったけれど、印象は良かったので、バーマンに「また来ます」と約束して、通りに出た。

ところで、タイトルのコイン。
いいアイデアだなと唸ったのは、バーカウンターなどに突然コインが鎮座していて、動かそうと思うと、張り付けれられていて、動かない。同じようなことを試んだ輩が多いらしく、コインの周りの木が削れていたりする。
なにか、伝説・いわくのある席なのかと思うと、バーマンに尋ねると、単なる穴隠しで、外国コインでふさいでいるという。深読みしすぎました… パブみたいな形態ならこういうの許されるし、ちょっと楽しい、いいアイデアだなと。

|

« ありがとう | トップページ | 秘密結社の幸運 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/2992722

この記事へのトラックバック一覧です: コインのきまぐれ-THE DUBLINER'S CAFE & PUB 虎ノ門-:

« ありがとう | トップページ | 秘密結社の幸運 »