« ポルトガルに勝ったアイルランド | トップページ | 蓮根の語感 »

2005.02.11

When You Are Old -W.B.Yeats-

明日のイベントの準備をしています。

ピアノ演奏と詩の朗読です。バレンタインが近いということで、さまざま愛がテーマ、ちゅうことです。
で、その中で、イェーツの詩が朗読されます。

といっても、このタイトルの詩ではなく、もっと有名な詩です。
自身は、こちらの詩を詠んでくれたらと思っていたのですが、当事者ではなく、あくまでお手伝いですので、違う詩でした。

ですが、いい詩なので、ご紹介しましょう。

When You Are Old

When you are old and grey and full of sleep,
And nodding by the fire, take down this book,
And slowly read, and dream of the soft look
Your eyes had once, and of their shadows deep;

How many loved your moments of glad grace,
And loved your beauty with love false or true,
But one man loved the pilgrim soul in you,
And loved the sorrows of your changing face;

And bending down beside the glowing bars,
Murmur, a little sadly, how Love fled
And paced upon the mountains overhead
And hid his face amid a crowd of stars.

-- William Butler Yeats

いかがでしょうか。対訳をみつけたので、かってにリンクさせてもらいました。(ろらんさんすみません。ありがとうございます)

イェーツというと、映画好きの方でしたら、しばしば引用されることも多いので、名前ぐらいはご存知だと思います。

ぱっと思いつくのは、「メンフィスベル」のエリック・ストルツ(好きな俳優でした。この時は若くて、あまり…でしたが)とか、「今を生きる」(←記憶定かではない)とかいろいろありますな。

とにもかくにも、明日の成功を祈るばかりです。


大丈夫だけど、さ…

追記
すこし興味があるという奇特な方がいれば、詳細はご連絡します。メール、コメントでどうぞ。


|

« ポルトガルに勝ったアイルランド | トップページ | 蓮根の語感 »

コメント

新トワイライトゾーン第6巻
「さまよえる魂 HerPilgrimSoul」が
この詩を取り上げてますね。
いい話です。

投稿: かとちゃ | 2006.12.24 00:28

早速のお返事ありがとうございます。

恐縮ながらリンクさせていただきました。

私もリンクは自由だと思っています。Webはそういうものだと思っております。

投稿: bard | 2005.07.10 22:39

遅ればせながら、はじめまして。
こちらこそ、よろしくお願いします。

リンクは自由だと思ってますので、ご随意に。
評価、批判はもちろん、たとえ罵倒でも全然OKですよ。

投稿: ろらん | 2005.07.09 10:35

もしよろしければ、リンクさせていただければ幸いです。

投稿: bard | 2005.07.07 22:30

はじめまして。

ほんとうにいい詩だと思います。
時間の流れや暖かさが素晴らしいと思います。
英語としても素晴らしいし。

勝手にリンクしてしまって失礼いたしました。
今後もよろしくおねがいします

投稿: bard | 2005.07.07 22:25

いまさら気が付きました(^_^;)。
私は英語が苦手というか丸っきりできないので、恐縮するばかりです。
でもこれ、ほんとにいい詩ですよね。

投稿: ろらん | 2005.07.05 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/2885968

この記事へのトラックバック一覧です: When You Are Old -W.B.Yeats-:

» イェーツの詩 [ろらんの部屋]
[http://celtic.air-nifty.com/bard/2005/02/when_you_are_ol.html:title] [http://d.hatena.ne.jp/rorann/20040519#1084950901:title] リンクされてたことに今さら気づいた。で、あらためて読んでみたけど、やっぱりいい詩だなあと思う。 これ、英語が苦手なくせにどうしても妻に読ませたいと思って頑張って訳したわけですよ。んで、妻にメールしたわけです。妻は嬉しかったらしいんだけど、はてなに載... [続きを読む]

受信: 2005.07.05 18:33

« ポルトガルに勝ったアイルランド | トップページ | 蓮根の語感 »