« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.31

新宿でドリブル?

久々、新宿を歩く。

駅の雑多さが、新宿を感じさせる。上野の雰囲気に、異国、多国籍風味を加えたような感覚。
駅を出て、スクランブル交差点を歩いて目的地へ向かう。

スクランブル交差点が嫌いなので、どんな街でも、できるだけ避けたり、地下を通って行くようにするのだが、今日は渡った。渡りながら、いつも頭の中でやることがある。

それは、この交差点をドリブル(バスケ)しながらだったら、どう抜いて行くだろうかと想像しながら渡って行く。
そうすると、多くの人の流れが読めて、渡りやすくなるような気がするので、やってしまう。

こんな俺は、変だろうか…

もし、同じ様な人、あるいは、やってみたら良かったなんて人がいたら、ご連絡くださいませ。
って、いるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.30

中田が経てきた時間が男前

スターシステムはいらんなぁ。

通しで観る事ができなかった日本代表の試合。(おかんのせい)

今回、あらためて/あきらかに、中田の存在(最適なポジションがあるかどうかは別として)は必要だなと。

追記
前は変わっても、福西も必要だなぁ。
これで、山口素弘ほどの余裕のあるプレイは不要になるかもしれないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.29

リズムを感じろ…(Cool Runnings)

1993年の佳作。邦題「クールランニング」。
ただ、熱くて、誰でも楽しい作品。熱帯の国でウィンタースポーツを行おうとする一見、無謀ともいえる大いなる挑戦をする若者たちの青春。そのコントラスト、若さゆえの熱さが、なにかしら人を微笑ませる映画。さすが、ジョン・タートルトーブ。
そして、実際にあった話。
日本でもスマッシュヒットして、長野五輪でも、実在のジャマイカチーム参加で、当時、結構取り上げられていたので記憶にある人も多いかも。

その中で、ジャマイカのチームが、物語の冒頭では、強豪のスイスチームの掛け声を見よう見まね・真似て、"Eins,Twei,Drei"(アイン、ツヴァイ、ドライ:1,2,3[ドイツ語])と、言いながらボブスレーに乗って練習しているのだけれど、ある時、真似ではなく、自分たちらしさ・やり方の重要性に気づいて言う時の台詞がかわいくて素敵だった。

いや、なぜ思い出したかというと、仕事がドイツに絡む仕事で、たまたま、人が数を数えているのを聞いて思いだした。

で、気に入っているのは、下記。

*******
"Feel the rhythm, feel the rhyme, gear on up, it's bobsled time!"
*******

かなりセンスの無い直訳ですが、意味はこんなところ。
「リズムを感じろ、詩を感じろ、ギアをあげて、さあ、ボブスレーの時間だ」(ああ、きつぅ。訳すと。参考訳ということで)

まあ、訳ではなく、韻としての音の流れが素晴らしい台詞なので、訳すこと自体がナンセンス。

この台詞を、主人公たちが自らのジャマイカンなリズムに気が付き、(皆が期待する陽気な)ノリのよさを発揮して言うもんだから、とってもキュートだったのを思い出しました。

ところで、この部分の字幕なり、日本語吹き替えはどう訳したのだろうか…
韻を踏ませてのよさは出ないだろうなぁ。訳すと。

作品「クールランニング」については、こちらから。
追記
確か、この作品を最期に(前後に?)、ジョン・キャンディーがなくなったと記憶している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

佐世保バーガーとか

最近、一部で話題。

「てるてる家族」でその存在を知って以来、喰らってみたいと思っている。

佐世保は、夜中に高速で町並みを眼下に眺めて通り越したことが一度あるのだけだけれど、そのときの印象が、まさにドック、軍港だった。鮮明に覚えている。

4月の中旬に、長崎に行くので、少し遠いが、機会あれば、何とか時間を作って、行ってみようと思ってる。

その他、長崎周辺のうまいもんでチャレンジしたいものがあるので、今から、楽しみ、楽しみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.27

青歯キーボード

ブルートゥース製品が徐々に出ている。

一時の使えなさから脱却して、そこそこ使える、そして、廉価になってきたのだろう。

使ったことは一度も無いが、聞いた話だが、携帯用のヘッドセットが結構使えるそうだ。
無線の携帯を更に無線でつなぐのかぁ~と思うが、使用するほうとしては使いやすいだろうなと。

結局、携帯は、無線でつなぐベースのステーションであって、利用する側の欲求を補助する機能性をまだまだ追えきれていない。
違う機能ばかりを追っている。
だから、今後は、生活に密接になったから故の追求が求められるし、一部でそういう追求も出てきた。ネット関係がどうしたとか、小型化がどうだとか、微細な部分じゃなくて、道具としての機能(デザイン)を追及すればもっともっと上がりが増えると思うけど。
表面的なデザインを追求している(ように見せている)ものがあるけれど、あれは、橋掛かりとしてもよい方向だとおもう。

話は戻って、ブルートゥースのヘッドセットが便利だというのを聞いて思ったのが、ブルートゥースで携帯と繋ぐキーボードがあれば、これは便利かもと思ったわけだ。

携帯側に106日本語キーボードのドライバを用意してもらってくれれば、かなりハッピーになれるな。
やっぱり、携帯では、文章が打ちづらい。
今後、携帯だけあれば、家庭のPCがもっともっと不要になるかもしれない。現在の携帯の進化を考えると。

今までだと、おもちゃのようなオプションキーボードとか、PDAに使っていた折り畳み用のキーボードを繋ぐ形などあったけれど、フルキーボードが使えるというものは聞いたことが無い。

これ作ると、私用メールが増えるだろうなぁ。デスクトップとかに繋ぐキーボードとの切替器の需要が伸びたりして。
いろいろ副作用がありそうだ。
ちょっとした出張だったら、いつも使っているキーボードだけをもって行くなんて形もあるかも。

文章を打ちやすくする入力方法の開発に注力するのもありだけれど、現在のいい意味で枯れた技術に頼ってみるのもいいのでは。

追記
あっ、もうすでにあれば教えてくださいませ。無いようでしたら、オープンソースだけど、著作権は放棄しません(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の近くで断念

前日の痛飲は、さほど、影響せず、チャント起床。

空が高くて、心地よい。
遠出をしたくなる。
こんな日は、空港に行こう。
宇都宮に餃子を食いに行ってみようかとか、いろいろ候補はあったけど。

空港に向かう。途中、乗り換える川崎で、早めの昼食をとろうと思って、ふらふらと。
通りがかった吉野屋に噂の(店舗限定なので)「ソースカツ丼」があり、おっ、これは、喰らわなければと一瞬、思ったけれど、そんな口でもなく、違うお店に入った。

そういや、ソースカツ丼をおいてあった店は、はなまるうどんとほぼ並びにあって、色見がかぶっていたなぁ。
そのうえ、いまや、同じグループ企業やん。

ちなみに、吉野家の浅漬けは、かなりいい感じだと思います。密かにファンがいるのではないだろうか。
(食べるもんとの対比でうまく感じるだけかもしれないが)
今、メニューを見たら、浅漬けはなく、「お新香」でした…

これだけ書いていますが、吉野家の牛丼を狂信的に好きでも何でもありませんのでお間違えないよう。

食事を終えて、空港に向かおうかと思って京急へ。
川崎でいろいろやりたいこともあったし(最近は、シネコンが2箇所、量販店が2箇所、書店も豊富、小さなハンズまである)、何せ片道400円、往復800円、ちょっとした食事が食えると思ったら、急遽行く気がうせた。

なので、街をぶらぶらと。適当に。
予定変更してぶらぶらして、結構充実。
ただ、せっかくなので、一時、空弁として話題になっていた「焼鯖寿司」を初購入、帰宅。
混雑したデパートの駐車場を眼下に眺め、晴れた空にビールの吐息を吹きかけ、寿司を頬張る昼下がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

忸怩+お好み焼き

うーーんと、
うーーんと、
今日は、三軒茶屋にて、お好みを焼いておりました。

いやあ、言い訳。

>>>ここから>>>
焼く前までに飲みすぎた。
>>>ここまで>>>

まあ、ええか。なんだかんだで楽しめたし。個人的には。

自分が狙うお好み焼きというのは、常習性のあるお好み焼きが理想なのだけれど、昨日のものは、全然。
まあ、致し方なし。

途中、この理力溢れるブログの人と、ブログに書くタイトルで盛り上がった記憶があるのに、思い出せない。
「書いていいよね?」と念押ししたけど、思い出せない。それだけ呑んでましたね。

ごめんねぇ。期待したご参集の方々。プロになるには、一定の味が出なければいけないことを実感。
日々精進です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.25

五十日の悲哀とドライブ

本日、戸田公園→葛西臨海公園

倉庫移動に伴う立会い。
仕事は思いのほか、早めに終わった分、チャーターのトラックを待つ時間が長くなってしまった。

その上、首都高を走って、葛西に向かうが、混雑標識が、真っ赤。真っ赤。
むちゃくちゃ、渋滞している。仕事で行っているので、運転してくれる人との会話のネタも尽き、寝るわけにも行かず、ただ、忍耐。

よく考えたら、3月末の25日で、金曜日で、混む要因、たっぷり。日取りは選べたので、ずらせばよかった。後の祭り。

結局、終日かかることになり、直行直帰。まあ、頭脳労働をする気が無かったので、良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

あつがどこまであがれるか

イラン戦

実際には、向こうの攻撃陣厚いし、アウェーだしそれほど上がれないだろう。

なので、遠目のFKを彼が蹴って、得点に絡んでくれたらと願う。

試合は勝たなくてもよい。負けなければ。


ところで、うちはどこまでやれるだろうか…(高校野球)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.23

アイスランドの度量(ボビー・フィッシャー)

今日(3/22)の夕刊あたりから、アイスランドの国会が、ボビー・フィッシャーの市民権を与える法案を可決したことを報道している。(Google)

どのような法案か詳しくはわからないが、一人の人間を契機に法案を作成し、短期間で可決するのだから、その事実に驚く。まあ、どこかの国で、法治国家の枠の範囲内で、商取引を行うだけで、あわてて関連法規を改定することもあるから、珍しいことでもないかもしれないが。

法案には、反対票は無く、棄権票が二票のみで、残りは、賛成だと。それも、また凄い事実。
アイスランドという国に俄然興味が出てきた。

件のボビーの処遇について意見をここでは、言うつもりはないけれど、一国を動かしてしまうほどの人物について、もう少し知るべきかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.22

表参道の曇天に緑の風船が消えゆく

パレードのちょっとした秘訣って知ってますか。


って、パレードなんて、そんなもん、そうそうせんやん。という突っ込みもありつつ。
そんなめったにせんもんのお役立ち情報とかまったく無意味やん。
とか思いますが、まあ、少し感じたことも交えつつ、奇妙な備忘ということで。

・左側を目立たせたほうがよい。(IRELAND, UK, 日本共通?)

です。
頬にフェイスペイントなり、ステッカー貼るなり、まず目立たされるべきは、左側。そして、左側を歩くこと。
どっちかといえば。
マジンガーZのアシュラ男爵は正しい。(どっちも目立つので関係ないか…)

規模によりけりなんだろうけど。行進しながら、こんな細かいことに、フト、気が付いた。
目立つ必要も無いかもしれないけれど。
(ちなみに、左の頬に、アイルランドの象徴、シャムロックのステッカーを貼ってました)

でも、酔っ払って、同好・同窓の志と、道玄坂をくだりおりてきたり、淀屋橋を渡りながら行進することもありますでしょうから、書いてみました。


ここからは、雑感です。

この日曜日(3/20)に、セントパトリックスデーのパレードに参加してきた。
で、まず訂正、今回は、正確には14回目でした。

毎回、肌寒かったり、悪天のことが多い印象がある。
事前の予報では、今回は、晴れそうだと聞いていたが、快晴とまでは行かず。曇り空で、気持ち肌寒いかなという感じ。パレード後になぜか晴れ渡っていたが。

まあ、アイルランドの天気に似ていていいのかもね。
パレードは14:00開始。13:00から、カジュアルなレセプション。パレード前なので。

なんと、パレード開始地点へ移動間際になって、来日中のアイルランド大統領が顔を出す。
セントパトリックだけれど、赤色の戦闘スーツ上下に身を包んで。

ぎりぎりまで、来場者と挨拶、握手、写真撮影したりで、とにかくむっちゃフレンドリーで人のよさが伝わる感じだった。惜しくも、握手はできなかったが、とても素敵な人であった。

パレードには、彼女自体は、参加せず、特別設置の桟敷席から観覧。
いつもは沿道だが、参加してみて、思いのほか楽しかった。別にヒーローでもなんでもないけど、観客も行進者も気分が高揚してきて、互いに自然と笑みがこぼれる。
観客も行進者も、いでたちも変わらず、同じ目線。こんなに皆、祭り好きなんやと驚かされたり。
(まあ、好きで楽しもうという人が集まっているのだからそりゃそうか)

あれで、何かを偉業を達してなんかだと、もっと興奮するのだろうな。

行進者の中には、ステッカーだのなんだの沿道に配ったりするグループもいるし、観客もそれを期待している人がいたりするが、餓えている感じでもなくて、かわいらしい棟上(西の生まれですので)ぐらいで、いい雰囲気だった。

行進というと、字面だけだと、ちょっと強制的・規律的な感じもあるけれど、パレードは、行進というより、練り歩く、そぞろ歩く。適当に。そんな感じで。結構満喫。

来年も、参加しようとおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.21

手つかずの仕事が盛りだくさん

実は、この連休はじめから、腰痛がひどく、パレードも厳しかった。

疲れからくる腰痛なので、なるべく腰を固定して、安静にするのが、一番の療養。
腰用の固定バンドをして行動していた。
正直、しんどい。

連休中、昨日までは、外出していたので、気が張っていたからか、まだ良かったのだけれど、今日になって、一気に噴出してます。痛みが。

こんなに、天気がよいのに。
でも、屋内でやることが、まあ、恐ろしいほどたまっているので、ちょっとずつ。
売っても金にならない仕事が、売るほどあり。

終日、苦労して、まだ完全には解決していないのが、あるソフトウェアの導入。
phpBBというソフト、多機能、高性能な掲示板ソフト。(PHPベース)

お願いされて、導入しているのだが、phpもしっかり知らず、内容も確認せず、無料ということもあって、導入していたら、日本語化の部分ではまっている。一応、動いたのだが、すっきりしない。

その上、海外版仕様というのか、オーバースペックで、実際、お願いされた元が考えているものは、もっと原始的というかシンプルなものを求めているので、ここまで導入したはいいが、お蔵入りかなと。

久しぶりに苦労して導入する過程自体は楽しかったが、多くの時間を費やし、盛りだくさんの仕事は、ほとんど盛りが減らなかった。小さなものからやればよかった…

追記
1.phpBB導入経験、カスタマイズの方法などご教示いただければ助かります。(#個人的には、もう少し突き詰めたいと思ってますので)

2.phpベースの掲示板ソフトで、お勧めがあれば教えてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レシピをブランコにのせて

このサイトのカテゴリに、レシピを追加した。

普段、人の役に立てないが、こんなことで役に立てるならと思ったので。
今後、レシピばかりというわけには行かないが、一部で期待、励ましなどいただいているので、追加した。

訪れる人にとっても、この駄文オーバーフローサイトを読むより、すぐに必要な情報(らしきもの)にたどり着くため、少しは助かると思う。

過去のレシピ(らしきもの)は、随時、こちらのカテゴリに移していくつもり。
もう少したまれば、PDFでも、なにかしら形にして、提供できればなと思っている。

レシピって、キッチンの近くに液晶なりのモニターを設置できにくいことやディスプレイが紙ほどの一覧性、保存性を持ち得ない現状(次期ウィンドウズでは、紙並の可読性を目標としているらしいが)では、印刷された形なりWebページとして見やすいのが一番だろうから、今後、整頓したいと思っている。

以上、ちいさな改善予定でした。
ご意見ありましたら、お教えください。取り入れたいとおもいますので。
あっ、もちろん、そんなもんイランというのもありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

口の合うやつら

と食事をしてきた。

今夜は、セントパトリックパレードのことをと思っていたけれど、パレードの後の話を。

パレードの後、前職でお世話になった方々?と食事。
皆、ほんの少し距離感があるのだけれど、口もあうし(喰いもんの感覚)、話のネタの波長もあういいやつら。

聞けば、いろいろ、今後あるようだけれど、どんな方向に行くとしても、ほんの少しの距離感を保ちつつ、まだまだ、会って、話すことができるだろうなと思えた。

次は、きっと、落ち着いてからということになりそうだけれど、おもろげな話を近々に行いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

51週間+

いつの間にか、このサイトを立ち上げて、1年が経っていました。

たしか、登録したのは12月。しばらく放置プレイして、昨年(2004)3月中旬から始めました。

毎日、書くと決めて始めたと記憶していましたが、当初の頃のエントリを読みなおすと、数日間ごとのペース。
どこかで、毎日と決めたようだ。
たった、1年でもこのぐらい記憶は曖昧。

多くの出会いもありました。本当に嬉しい限り。
多くの方に支えていただきました。ありがとうございます。
稚拙ブログですが、まだまだ、続けます。

(狙ったけど)1年も継続できたものって、ほとんど無い。その事実に驚いてます。
この怠け者が。続けたなんて。

さて、確認すると、389の記事数だということで、平均すれば、1件以上は、書き続けたことになり、ちゃんと目標は達成していました。やはり、驚き。

今年は、出張も多そうなので、各地からいろいろと書きなぐってみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.19

緑のものをつけます

明日は、セントパトリックデーのパレードが表参道で行われます。
今年で、15,6回目。確か。

コメントで質問をいただいたので、この場をかりて説明を。
このサイトのデザインにも利用している緑。何か緑のものをつけなければいけません。
ので、ちょっと探しいます。少ない服を、
(ずいぶん前のエントリで書きましたが、このサイトは、アイルランド国旗をモチーフとしています)

今年は、来日中のアイルランド大統領も参加するとの噂もあります。
ここ数年、日本の各地で行われはじめ、大分ポピュラーになりつつあります。

で、セントパトリックですが、アイルランドの国の守護聖人の名前です。
実は、その命日です。

彼が、ケルトの民に、キリスト教を布教し、従来のケルトの宗教観を大事にしつつ、温和にキリスト教を広めたといわれてます。彼にまつわる逸話には、事欠きませんが、有名なところでいうと、アイルランドに蛇がいないのは、彼のおかげといわれています。悪魔の化身である蛇を、聖人の力によって駆逐したと…

国の色である、アイリッシュグリーンをまとって、お祭りにしたのは、主に、アメリカに渡ったアイルランド系の移民と言われていますが、今では、世界中に渡ったアイリッシュが、各地で、パレードなどで祝っていますな。

明日(3/20)、パレードに参加していますので、お近くの方は是非、ご覧くださいませ。


追記
数年前まで、必ず、ギネスの試飲+無料チケット配布を行っていたのだけれど、現在は行わず。なので、楽しみが薄れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.18

アイリッシュのシングルカスク(Bushmills singlemalt single cask)

#15988 Cask
#222 bottle

ちゅうのを、呑みました。一昨日。イベント帰りに。地元で。久しぶりに行きました。

もう数年、行っているけれど、今迄で一番、ギネスの状態が良かったので、お店の方すべてに、話しかけられるたび、伝えておいた。これを保って、この按配で出せと言外で威圧。

その後、勧められて、呑んだみたのが、ブッシュミルズのシングルカスクで、シリアル入り。
思わず、これなんぼ?と聞いてしまったが、ワンショット¥1700…

勢いで頼んでみました。
シングルカスクという割には、香りがおとなしいというか、広がらず、縦縞な感じ。
使用されている樽自体も、控えめな感じで、シェリー樽っという感じではなかった。

うまいのだけれど、安い酒でもいいかなと。ブッシュミルズという酒自体が、お上品なのは似合わないのかも。

それにしても、ギネス状態がよかったなぁ。あれを維持してくれれば、毎日でも行くのに。(と、圧力)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

Happy St.Patrick's Day!

でございます。

愛蘭土から大統領が来日していたり、今週末パレードなど催されます。

皆様におきましては、呑みすぎませんよう…

私の友人のアイルランド人は、一昨年、呑みすぎて骨を折っていました…アホやな。
こんなカードお送りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ボビーが日本に!?

以前、なかなかの映画ですよと紹介した。「ボビーフィッシャーを探して」という映画のモデルである
伝説のチェス元世界チャンピオン「ボビーフィッシャー」が日本にいる。
一番、興味を持った記事はこれ)

ことを本日(3/17)日経新聞朝刊の社会面の左隅にほんの少しに、書いてあったことで、知った。

それほど多くを知らないのだけれど、一端を記事などで垣間見ると、この人間、伝説になるのもわかる。
破天荒。天才。

全盛期に、彼が、一体、Deep Blueと闘ったらどういう結果を残しただろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.03.16

うまいエビスは三茶で

本日(3/16)は、渋谷でイベントの撤収などなど。

思いのほか、早く終わってしまい、例のお店に顔を出そうかと思ったのだけれど、気力なく、人ごみを避け、道玄坂小道を通って、プライムの地下から通じる半蔵門線に。

渋谷駅に向かう中、少し気力を取り戻し、途中下車して、三茶で、クールダウンの酒に付き合ってもらおうといつものオモロイ人に連絡をとってみたが、連絡は取れず。

まあ、連絡あるかも知れないし、三軒茶屋に降り立ち、お世話になっている?秘密結社の良心?でもある兄ィのお店に。

シャッターは半分閉まっていたが、人気があり、ずけずけと入店。突然にも関わらず、いつも優しい。ありがとうございます。
そして、PCの調子など見ながら、談義。冷蔵庫代わりの対面のコンビニで、YEBISUを買っていただき、すきっ腹に、酔いが回るのも早く、NHKのことなど、軽い酔っ払いモードで、社会の欺瞞に対して論議。

一番は、「はなまるうどん」についての建設的議論および顛末が、熱く、興味深かったですばい。うん。

年の違いを感じさせず、話させていただけるのでいつも楽しいです。

追記
ところで、ニセンベロの時。そんなに、暴走していましたでしょうか。>特に、大阪在住のTさん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.15

早割とかもうけなさい


というタイトルで昨夜、エントリを書きかけていた。

しかしながら、確定申告やイベントを終えての安堵感から、寝てしまった。

ここんとこ、いろいろ問題をかかえてるあまりに、更新できず。

この稚拙ブログを読んでる方がいましたら、申し訳ないです。

只今、移動中の携帯から書いていますが、これ、昨夜のエントリということでご容赦。


今夜も仕事で遅いので更新難しいかも!?

ちなみに場所は渋谷です。終了、22、23時予定


あと関係ないけど、春の選抜、母校の組合せ決まったよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

名古屋がポテトに…

さっき、コンビニ(サンクス)に行ったら、目を疑いました。


ポテトチップスなどの棚の一番上段に、
「矢場とん 味噌カツ チップス」
(ここまでは、嗚呼、ご当地ものかと思ったのですが)

横に目をやると、
「世界の山ちゃんのチップス」
そして、
「あんかけスパのチップス」
と、
VIVA!名古屋!セントレア!といわんばかりの棚のラインナップ。
えっ、名古屋って、いま、ブーム?

たしかに、世界の山ちゃんは、川崎進出したら、すぐに、池袋、新宿に出店するし、味噌煮込みの老舗もオープンしたりしてるし。

家に帰って、調べてみると、名古屋が発祥のサークルK(サンクスと合併)が、万博ということもあって、サンクス、サークルKの期間限定で、名古屋フェアをやっている一環らしい。

お店では、目立つように、書いていなかったように思うけど、リリースを見ると、弁当・惣菜なども対象のようで、名古屋好きには、いろいろたまらないかもです。

しかし、菓子になった味を一応、一通り、食べている自分も自分。
勿論、お菓子は食べていないけど。ノリは嫌いじゃないが、食べた方がいましたら、感想をお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.13

倉庫移動中につき

ネタがあるのにかけてません。
下書きばかり、数が増えています。

こんな文章ですから、推敲しているのではなく、ただ単純に記憶の新しいうちにメモ代わりに、羅列して保存しておくだけだけなのです。
名詞の羅列をみると、記憶が芋づる式に蘇って、後からでも書きやすいので。

名古屋の味噌カツ、パブ(先日書いたものではないところ)などなど。

仕事で先週から今週にかけて、タイトルのようなことで忙しくなかなか腰をすえられない。
そういえば、仕事といえば、4月中旬に長崎に行く予定。ほぼ3年ぶりかな。
いろいろ思案していますが、お薦めなどありましたら随時募集しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

ラジオの歌

高校生の頃は、ラジオ小僧だった。
部活が終わり、家で、2回目の夕食をとり、すぐに寝て、1部はまどろみながら聴き、2部になったら起きるという生活。
(ニッポン放送のオールナイトニッポンです。)

2部には、1部と違って、局数も限られていたし、番組自体が、とてもラジオ的というのか(マスのくせに)、より一層、個人対個人という感覚で、地元ローカル局の乗りに近くて、好きだった。

今でもDJになりたい。してみたい。
ラジオを歌った曲というのは、哀切があるというのかいい曲が多い気がする。
一瞬で思いつくだけ挙げてみると;

「トランジスタ・ラジオ」 by RCサクセション
「壊れかけのレディオ」 by 徳永英明
「One Way Radio」 by ECHOES
「レディオガガ」     by QUEEN

どれもええ曲です。是非、聴いてみてください。
お薦めの曲がありましたら教えてくださいませ。


追記
あっ、ラジオ体操第2は入れませんでしたよ。ある意味切ないが。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.11

New Yorkの心地よさ

時折、拝読させていただいている「エキサイト社長、山村幸広のインターネットブログ」

今日(05/03/11)のエントリでは、仕事の話と絡めて、ニューヨークの街の良さの断片が切り取られていて、また行きたくなった。

JFKからダウンタウンに行く場面などなど、そこかしこに、街の雰囲気が溢れていて、素敵な記事だった。
商業的な匂い、人々がごった返す街としての雰囲気、そこから生まれる人を魅了するもの(観光資源になりうるもの)など、そのすべてが混在していてる魅力を感じられて、また行きたくなった。

振り返って、東京はどうなのだろうか・・・

文中の、オコーナー氏は、アイリッシュ系だろうな。通いつめたパブはどこかなとか。出張Pub Crawlしたいなとか。いろいろ、ニューヨークの街を歩きつづけた時を思い出しながら、拝読。

結びの

>P.S. BGMはもちろんビリー・ジョエルの“NY states of mind”である。

という部分も、なんだか、とても素敵だ。うん。もっともっと書きたいことが溢れていたのだろうけれど、思いが伝わってきました。

この山村氏のブログなぜ、読み出したかというと、「お好み焼き」の記述が何回かあったり、食(酒も)に対する記事が興味深くて、もっと失礼を承知で言えば、「口のノリが似ている」なと思って、拝読している。

ちなみに前述のお好みの作り方は一読に値します。すばらしく王道です。
ただし、マヨネーズはなくてもよいと思います。今度、私の焼くお好み焼きと勝負しましょう。いや、できれば、何かの折に、もっとうまい宇宙を作っている、私が師事している高松の「ふみや」に是非、一度行ってみてください。異次元で感動するかもしれません>山村様

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.10

パブの写真、要?不要?

自分の中で最も、気まま、かつ好きに、時に思い入れをこめてこのサイトで書いているカテゴリは、

Pub Crawl(パブめぐり。いや、パブで飲んだくれ)である。

私を良く知る人は、そんなの言われなくてもわかっとるわい!とツッコミが入るだろう。

十分に雰囲気を伝えるほどの文才はないが、備忘に毛が生えたものご理解、ご容赦いただきたい。

このエントリは、さほど人気はないようだ。最近はレシピで、このサイトに来てくれる人が多いみたい。

これも備忘がてら、(このサイトが備忘の塊だけれど)書き始めただけど、食べることというのは、欲求の根源だし、色々調べる人も数多い。
実際、料理好きの自分も、レシピを調べるとき、一番に、ググる。

それに比して、パブなんて、酒場であるから、飲まない人にとっては興味のないところで、当然、興味のある人が少ないのは自明だ。

数の多寡は別として、まあ、今後も続けるつもりなんだけど。ただ呑みたいだけなんだけど。たった一人の方が価値があってええんだけど。

ところで、ご相談。
いままで、敢えて、すべてのエントリに写真を排除していたのだけれど、パブのカテゴリのみ写真をつけるべきか悩んでいます。やはり、文章を書く能力はないので、写真で補ってもらおうかと。
ご意見などありましたら、個人宛でも、こちらにでもご意見くださいませ。

とはいえ、写真の腕もないなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カンパネルラ!

TVで宮沢賢治という文字が躍ったので、ふと、思い出した。

20年ほど前、「銀河鉄道の夜」がアニメで映画化され、「カンパネルラ!」ととても印象的な台詞を、思い出した。

この映画、主人公が猫(劇中、猫だとは触れていなかったと思うけれど)で描かれている事に、最初驚いた記憶がある。だが、そういう設定は関係なく観る事ができた。
記憶も薄いけれど、原作の雰囲気を良く表現した秀作だったように思う。

ふと思い出したので、備忘ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.09

背表紙が凛々しい盛り場の待ち合わせ場所-Irish Pub Arco(アルコ)於 名古屋-

名古屋の日帰り出張が思いのほか、早く用件が済んだので、地下に続く階段にダイブした。

ダイブして、滑り込んだ先は、先日Natural Aikoさんに情報提供してもらっていた、名古屋栄のダイエー近くにある
Irish Pub Arco(アイリッシュ パブ アルコ)

扉をあけて、そのまま階段から降りてきた勢いそのままに、進行方向(右手)に進むと、キッチンとテーブル席が何席かある。
あれ?、カウンターもなくて、ギネスのバーフォントもなくて、メニューを持ってきたので、ここは食事処??と疑問に思い、
「こちら、パブですよね?パブと思って入ったんですけど…」と自分。
「ええ、パブです」と、若い兄ちゃん。(彼は後でわかったが、キッチンで、料理担当)
訝しげにテーブルの座席に座って、ビールのリストなど眺めた。
で、一瞬、なじめないかも、帰ろうかなと思いがよぎった瞬間、「トイレはどこですか?」と尋ねてみた。
トイレに入れば、店の全容が明らかになる。店の中を縦断できることが多いから。
出るにしても、全体を眺めてからでも遅くないかなと。

で、尋ねたら、入り口の正面奥にあり、左手に少しせり出した木のパーテーションがあって、その奥が、カウンターになっていた。ロンドンの古いパブで、インテリとブルーワーカーを分けているかのように、かなり区切りがしっかりしていたので、気が付かなかった。
まあ、単純に、食事主体のテーブル席とお酒中心のカウンターとを左右に分けているだけだとは思うが。

トイレで一瞬時間をつくり、位置関係が把握できた自分は、あんちゃんに言って、「カウンターに移っていいですか」と勝手に移動して、カウンターの真ん中、唯一のダウンライトのある席の光に引き寄せられて、席に着く。

おお、カウンター席側は、まずまず雰囲気があるではないか。
奥には、ウッドベースがアル。ウッドベース好きなんですよ。おいら(一人称がころころ変わる)
弾けたらなぁ。そして、昔はちょっとしたアイリッシュミュージックをやっていたのだろうか。棚の上に、バドラン(アイルランドの民族太鼓)が、残照のごとく置かれている。

無作為に壁に作りつけられた棚の感じと置かれている本の背表紙、ほとんどが、外国誌だけれど、特に古い広辞苑がなんだかいい味を出している。
カウンター席は、10席ほどで、幅広の木の椅子・ストゥールで、かなりかっこいい椅子。

-DRAUGHT(生樽)----------------------
ギネス
オールドスペックルドヘン
(上記2種 1pint¥1000/half pint ¥??確認せず)
エビス
(1 pint ¥800?/half pint ¥??)

ウイスキー:スタンダードなシングルモルト、アイリッシュ、バーボンなども、ドマイナーなものはなくても、適度におさえている感じ。グレンリベット、グレンフィディック、ラフロイグ、マッカラン、ボウモアなどなど
   かっこいいのは、カウンター席正面に、目の形をした鏡の部分が少ないパブミラー。かっちょいい。無駄さが。

支払い:後払い、カードも可能なよう。
席数:30席ほど(カウンター10席ほど、テーブル20席ほど)
モルトビネガー:ハインツ
飲んだ量:ギネス2パイント+タラモアデュー1杯
備考:ハッピーアワーがあるようで、表示がしっかり見ることができなかったけれど、17:00-20:00のようだ。
その間、ギネスは、800円のようだった。
------------------------------------

名古屋でオールドスペックルドヘンを入れるのは、ハケ具合から考えても、かなり冒険かと思うけど、そのチョイス自体が、最初から、かっこよさを感じた。大変だろうに。

のんびり呑みながら、ギネスのバーフォントに目をやると、日本じゃ一番古いタイプの物を使っていて、かなり古くから営業していることがわかる。

1時間ほどの間に徐々に人が増え、常連が集まってきて、バーマンと会話を交わしたり、お客どおしで会話をしていたり、常連が排他的でもなく、ホントに自然なパブ。

会話を聞いていると、万博の話、セントレアの罵詈雑言ばかりで、あらためて、地域を感じた。
あと、マルハ、マルハというので、元大洋水産??かなと思っていたら、地元で有名な、エビフリャーの店か何からしい。ご存知の方がいましたら教えてください。

後から来た男性のお客で、主人に「酔っ払いのマイケルは来てる?呼び出されたんだよなぁ・・・」と入ってくるなり聞いている人(心の中で、「お前も、酔っ払いやろ!」と突っ込んでいた)がいたり、その後の女性も「マイケルに呼び出されたんやけど・・・」なんて、登場する人がいたりで、極々まっとうに、待ち合わせ場所としてのパブの機能が息づいているのを見て、ここはええパブだなぁと感じ、最後の一杯を頼んだ。ロックで。

バーマンは氷をアイスピックでロック用に削りだしてくれた。彼の所作を見ると、この店は、どちらかというとバー寄りというのか、しっかりバーとしての仕事/修行をしてきているのだと感じた。元々は、バーだったのだろうなと思って、勘定をしてもらい、去り際にお店の長さを聞いたら、
「16年もの」だそうだ。
16年前では、アイリッシュ パブが、東京でまだできるかできないかの時だし、店名もアイリッシュぽくないし、おそらく、バーとして営業を開始したのだと思う。実際、公式サイトを見ると、"Bar Arco| Irish Pub"とあるので、間違いないだろうと思う。

待ち合わせた人はいなかったけれど、いいお店と待ち合わせができた。

追記1
肝心のギネスですが、シャムロックを書くのを除けば、泡は少し薄めだが、味もかなりいいです。味の立ち方が少し弱い感じもしたけれど、かなり好きなタイプでした。

追記2
おそらく、凄い常連の方で、Dewar'sを瓶で手酌で飲んでいる人(特別なのだろう)がいて、その行為も、酒のチョイスもかっちょよかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

ゆるゆる自虐中継完遂

新横浜で降りた。
地元行きの直通バスがまだあったので。東京取り止め。

しかし、小田原で降りた、薄汚れたモエギ色のダウン着た隣りのおばちゃんは挙動不審だったな。
自虐自慰的実況、これにて完遂。いや、校了


追記
お付き合い頂いた方いないと思いますが、いましたらありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひかりで帰京中

20:57発のひかり386号で。
予定より早かったので指定席をくりあげて。
ひつまぶし弁当とともに。うなぎが弁当のくせにぶりぶり感あり。
なかなかにうまい。感謝。

BGMはU2のOneを聴きながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今、例の店、でた

Arcoという名古屋栄のパブを出所。
いい所でした。16年ものです。
追って、ゆっくりと。

これ、ばっかり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やった。おもいのほか早く

終わった。
一つチョンボもあったが…
いい感じのスタート。なので定番ネタに挑戦してから帰京予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喰った。味噌カツ

ロースを
前々から味噌だれをかける必然性については理解不能だったが、条件付き肯定かな。
詳細おって。

といっても詳細かけるほど文才は無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋じゃ、やっぱり旅気分薄いなぁ

着きました。
成田に行くのとかわらもんなあ。今から味噌カツ喰ってみます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山登頂したことないな

富士山がみえる。
1.そういや、登頂したことがない。五合目まで。

2.そういや、外国人のアテンドの時は、見える側をとるなんてのが、不文律で昔の職場にはあったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるゆる実況?名古屋編

ただいま、東京駅出発12:13
名古屋13:55着予定
となりのおじさん。フトマキ喰って、iPod。
おいらは、焼いたCDを聴きながら。
食事ぬき。コーヒーを流し込み中
着いたら、味噌カツ有名店で喰らうつもり
まだアップしてないが先日の出張では、混雑していて、違う店で喰べたので再挑戦。
一番すいている時間だろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.07

RSSでキーワードをピックする

RSSにより、自分の興味のあるキーワード(酒とか、好きなアーティストなんでもよいが)についての情報やコメントが主体的な検索することにより得られるのではなく、垂れ流しの情報としてガシガシ情報が流れるようになった。

たとえば、好きなバスケチームの○○選手とか、一般的な名詞ではなく、かなり絞り込める、uniqueな言葉をキーワードとしてやると、かなり確度の高い内容が得られたりして面白い。

キーワードを登録することが、自分が普段何に興味があるのかを明示的に探ることができて(要はどういった新聞などの見出しでこころが動いているか)なかなか興味深いし、ついこないだまで、自ら検索するという主体的行為であったのに、いつの間にか、そうでなくなっている、なくならせることができることに、驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSS対応の個人的にありがたいサイト

RSSでサイトの更新情報を吐き出してくれるようになったサイトをいくつか。個人的なものを。
サイト自体は、更新頻度も、内容も何か凄いわけではないけれど、個人的にファンで自身が便利になったので、紹介しておきます。

RSSについては、リーダの使用感をレポートしなければいけないので、いずれします。

楢崎公式サイトRSS→http://sports.cocolog-nifty.com/narazaki/index.rdf
OH! MY RADIO (tue)(トータス松本)RSS→http://www.j-wave.co.jp/blog/ohmyradio_tue/index.rdf
キム兄のなで肩日記RSS→http://blog.livedoor.jp/kim1963/index.rdf

願わくば、ヤイコの日記のページとか、さとなおさんのサイトなどが対応してくれると嬉しいかも。

通常のサイトの更新案内してくれるサービスもかなりあるようなのだけれど、すっごくほしいというわけでもないので、調べたりしていません。だれかお勧めがあれば教えてください。

ところで、昨日、久々の一鶴詣でをしてきましたよ。やっぱ4半期に1回ペースだな。ひなの火の通りが甘かったようだ。食べないので関係ないけど。だんだん、パンチが薄くなっているような気が…慣れかな。

相変わらず、かしわが好きな自分でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

野球の根っこ

このサイトで野球のことをあまり語ったことがなかったけれど、ちょっと、書いておこうと思う。

昔は、むっちゃ、好きでした。野球に流れる時間の緩やかさとか、勝負の機微のわかりやすさとその複雑さとか。

まずは、よく聞かれる「好きな球団」は、ない。
嫌いな球団は、「巨人」と「阪神」だ。
ただし、阪神は、愛すべき存在で、そのファンと友達にはなりたくないが、かわいいとさえ思っている。

また、好きな球団は、小学生の頃の、ただ単純な憧れからか、広島カープだった。パジャマ着てましたよ。
大分たって、好きな球団は、見たこともないけれど、西鉄かも?なんて思っても見ましたが。

まあ、知れば知るほど、好きになればなるほど、好きな球団というのはなくなっていくものです。
今回はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.05

山下公園付近をうろうろと

所用があり、山下公園付近をうろうろと、夕方にしていました。

かなり怪しい。

用事が済んで(この用事がとてもハッピーな気分になれた!)、横浜スタジアム近く、中華街よりの、モツそばのうまいさびれた中華料理屋を探す旅に出た。

なんとなく、嗅覚がここだと教えてくれたのだけれど、大人の事情?もあって、そこには入らず終い。
情報提供元の人物と今度改めて、教えてもらうことにする。訪れることができれば、また、レポします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.04

侮れん醤油…?

気になっている醤油がある。
それは、オリジン弁当の醤油。

前々からなんとなく気になっていたのだけれど、久しぶりに弁当を買ったので、もらった。
ここの醤油は、凄く小さな小袋に入っているのだ。持ち帰りの寿司なんかに良くついているような形。
だけど、とても小さめ。1.5cm四方ぐらい。

少ない包装にして、お客に好みの量に調整してもらう(自分で、好きなだけ持っていく)ようにして、なおかつ、無駄をなくしているのか、それとも、高価だから小さく包装しているのか。

まあ、どっちでもいい。
味がしっかりわかるほど、たくさんは持ち帰ったことがないけれど、だし醤油のような感じのうまみがしっかりあるあっさりめの醤油の味。

袋をよくみると、「有機丸大豆仕込み」とあるよくあるフレーズ。販売者が、オリジンになっていて、製造元がわからない。
すげー、うまい、気になるというほどではないけれど、お弁当屋がつける醤油としては、うまいのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

デジタル入稿にふさわしいサービスを教えてください

もう、完全に、印刷物もデジタル入稿になった。

ファイルの受け渡しをインターネットを介しようとすると、なかなかに不便だったりする。
というのは、メールの添付という形では、互いのサーバ、システム、プロバイダの制限などで、容量がいくらでもいいというわけにはいかないことが多い。

また、受け渡し専用に自社サーバに、FTPでアップしてもらうスペースを設けても、意外にデータを作る側が、回線が太くなかったり、ネットワークの知識がなかったりすることもある。

アップロードする回線速度は必要だけれど、メール感覚で、わかりやすいインターフェイスで、ファイルを送信できる無料サービス(私書箱のようなもの)を利用することが多いけれど、最近、むちゃくちゃ、混みあっていて、まともに使えないことが多く、むちゃくちゃ、困っている。
(#よく使っていたのは、宅ふぁいる便というサービス。無料で、40MBまで)

いつもお世話になっている印刷会社と”急ぎ”(かつ小ロット)のとき、色校正など、敢えて省き、データ入稿してもらうとき、いつも、やり取りにお互い困る。

有料のサービスはいくつかあることは知っているけれど、無料で使い勝手のよいサービスがあれば是非、教えてください。もちろん、そこそこ大容量が許されているところなんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カビラとサヘル

毎朝、J-WAVEのGood Morning Tokyoをかけっぱなしで、朝食などを取っている。カビラさんがDJ。

番組の1コーナーに、毎日日替わりで、レポーターが東京のどこかに行って、レポートを行うコーナーがある。
NISSAN CARWINGS EXPRESSというコーナー)

この木曜日のレポーターを務めているのが「サヘル」さんというイラン出身の女性。
(ちなみにこのコーナーは、外国人が日替わりでレポートしている。皆、日本語、完璧)

今日は、木曜日。そう、サヘルの日。今日も、楽しませてもらった。
いつもは聞き流しているけれど、この日は、すぐにわかる。

カビラさん、いつも、サヘルに引いていて、対処に困っている。嫌そう・しんどそうなのがありありと分かる。
彼女、スーパーハイテンスなのだ。
相当調子の良い時だけ、そこそこ彼女と会話するのだけれど、大体は、彼の突っ込み過ぎず、着かず離れず、というのかプロらしいあしらい方で会話が終わる。
(相手が誰であろうと、プロだなぁと感心しきり。)

一度、他の曜日と比べてみてください。おもろいよ。

このエントリを書くに当たり、上記のコーナーのサイトを見て、サヘルさんのプロフィールをみると、趣味が、

「ガンダム集め」

こっ、こっ、こいつ、ちょっとおもろいかも。

ちょっと興味を持ってきた…そんな朝でした。

追記
彼女は若い感じだから、ファーストガンダム世代ではないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.02

来週も名古屋に行くが時間はない

来週も名古屋に行くこと決定。
先日と違い、週末でもないので、無理はできない。
というか、前後の仕事を考えると、日帰り。

とはいえ、できる限り、パブか、行けなかった飯屋に行くつもりだ。
(そんな時間もなさそうなのだけれど)

先日の名古屋では、うまくいかなかった(その顛末をまだ記載していないけれど)ので、今回は、いっそう時間がないけれど、なんとか時間を作りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

100 Pints Surging

名古屋飯も、名古屋パブもまだエントリしていません。

一時のネタ不足から脱して、いくらでも書くネタがあるのですが、会社のPCが成仏した上、仕事はなんだか忙しかったりで、全然エントリできない。

名古屋から戻ってきた日(2/27)の昼から、いつもお世話になっているパブの3周年パーティーに呼ばれていたので、出勤。←というのは、ゲストでもあったけど、ホストでもあったから。

ビールを修行も兼ねてがんがん注がしてもらった。二樽まではいかなかったが、100パイント(希望的数値)は注いだだろうな。
いやぁ。一日限りだから、楽しくて、楽しくて。一部、カクテルも作らせてもらったし。プロにしっかり教わることができて。
いろいろな視点がわかって、良かった。
まあ、自腹のときは、これからも厳しく書いちゃいますが…

さらに、ダブルスで、ダーツをやったのだが、組んだ相手が良かったので(組み合わせが決まった瞬間、勝利をほぼ確信)、優勝しちゃいました。なんだか、いろいろもらって多謝。

お店の方も3年大変だったと思いますが、これからもよろしくお願いします。このわがままな客を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »