« 路面電車でオブラートをもらう | トップページ | 菜の花揺れる中原の孤独な煙突 »

2005.04.20

路面電車のオブラートとは

一つ前のエントリのタイトルの補足を。
長崎の路面電車(日本一安い:一律100円)では、後払いで100円。

運転手の隣の賽銭箱のような料金箱に投げ込むスタイル。

小銭がないときは、信号などで止まっているときに、両替をお願いするのだけれど、1000円を出すと、通常、回数券と引き換えるらしく、なんだか可愛らしい(偽造し放題な)回数券を渡そうとするので、いや、両替ですと、主張すると、オペレーション時間を省くために、薬の内包薬のような袋に入った500円単位(100円、5枚)のものが用意されていて、それを2包渡された。

それが、一瞬、オブラートのように見えたわけです。

|

« 路面電車でオブラートをもらう | トップページ | 菜の花揺れる中原の孤独な煙突 »

コメント

路面電車はあれがいいんです。

長崎の路面電車は、明朗でよかとですね。

投稿: bard | 2005.05.04 01:53

路面電車、遅いでしょ?(笑)はねられても死にはしないんじゃないか?っていう・・。

投稿: うしろだ | 2005.04.23 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/3810150

この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車のオブラートとは:

« 路面電車でオブラートをもらう | トップページ | 菜の花揺れる中原の孤独な煙突 »