« 鶴多し。みつけた。みっつめの一鶴 | トップページ | 一口香のはったり加減 »

2005.04.23

佐世保バーガーのまじめさと優しさと郷愁と

佐世保バーガーを喰らいましたよ。遂に。

最近では、中野でのブレイクもあり、ツアーオプションが組まれるほどの人気だそう。

行きたかった最古参のお店が夜からだったので、日曜昼間に違う店に行ってみたら、著名なところは大人気で、45分待ち。

そこまでは、待てません。それだけ待つなら、チャントしたものを喰いに行きますわな。
つくりを観ていると、とにかく丁寧。しっかり肉を焼いたりしてるし、匂いなどホントにそそるのだけれど、店を替え、すいているところに。

ベースとなるトマトソースのしっかりした酸味、挟まるトマト自体のうまさ、マヨネーズの優しいすっぱさなど、パーツパーツのまじめな作り、やさしい味など、なかなかに堪能させてもらった。
ただし、ジャンキーなパンチを求めている人(>自分?)には、物足りないかも・・・

佐世保バーガー結局1店のみしか喰らっていないが、いろいろ思うところがもっとあるので、後日。

エントリのキャッチアップと言うことでご勘弁。

|

« 鶴多し。みつけた。みっつめの一鶴 | トップページ | 一口香のはったり加減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/3875128

この記事へのトラックバック一覧です: 佐世保バーガーのまじめさと優しさと郷愁と:

« 鶴多し。みつけた。みっつめの一鶴 | トップページ | 一口香のはったり加減 »