« 佐世保バーガーのまじめさと優しさと郷愁と | トップページ | 連続出勤、10連荘にむけて »

2005.04.24

一口香のはったり加減

長崎を出国。帰京。

名物は、数あるけれど、コストパフォーマンス、会話の生まれる加減、天邪鬼的意味で、一口香が一番だ。

大体、名物って、微妙なものだけれど、気に入ったな。「一口香」

中が空洞ってのが、人を食ってるし、半分ぐらいまでは単なるゲテモノ的な話題しかないけど、喰い進むうち、裏についているゴマの香ばしさとか、中のあんというか、微妙な芳香がよろしい。
普段、甘いものを食べないけれど、これは、甘いものというのでもないので、気に入った。

カステラのように複数の本家があるわけでないので、迷わないし、作っているところがメインが1社(何社かあるようだけど)だし、良さが保れているようだ。

機会あれば、是非。個人的にお薦めです。

|

« 佐世保バーガーのまじめさと優しさと郷愁と | トップページ | 連続出勤、10連荘にむけて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/3875229

この記事へのトラックバック一覧です: 一口香のはったり加減:

» 唐饅と一口香から中国菓子と和菓子を思う [『こころんのキッチン』のこころんの夫の美味しいBLOG]
 唐饅というと中国の饅頭のようですが、中華菓子で同じようなものはあるのでしょうか?唐饅頭といえば都まんじゅうという今川焼(大判焼・回転焼)のようなものも指すこともあるようですが、それも違うようです。  長崎や佐賀にはこの唐饅と同じような一口香(佐賀では逸口... [続きを読む]

受信: 2005.05.11 11:17

« 佐世保バーガーのまじめさと優しさと郷愁と | トップページ | 連続出勤、10連荘にむけて »