« ほほぉう。吹き替え版に | トップページ | 川崎大ピクサー展(自宅) »

2005.05.12

キャリー女が運ぶ先

最近、キャリーを連れた女性が多くないか。
街の風景として。

特に、仕事をしていないような世代に。
キャラクターやかわいらしいキャリーを引きずっていることが多い気がする。

さらに、社会人と思わしき女性も、旅行用のキャリーを引きずっている光景が増えた気がする。

なぜだ。あいつらは、スナイパー?殺し屋?密売人?いったい、何をする気だ。
そんなにいざということのことを考えて荷物が増えているのか。ちょっと前によく聞いたプチ家出か。
どこでも、着替えられるようにしているのか。

きっと、自分のように片づけができない奴らがはやりに乗っかって助かっている気がする。
片付けられない人間は、面倒くさいので、バッグに放り込みがち。そして整頓しない。
たくさん入れば、それだけいつでも対応できるし、整頓しなくてよい。それが、キャリーなのかもしれない。
携帯もっていないと落ち着かないような感じに似ているかもしれない。

電車などで迷惑なので、そんな流れは早く終わってほしい。
正直目障りかつ邪魔なのだ。

そう思う一方で、なにかよい影響を与えていないのかと考えてみると、いくつかはある。
キャリーメーカー、関係するメーカーは、経済的効果が出ているはずだ。
また、荷物として入れるであろう衣服や化粧品などグッズの消費にも多少波及しているかもしれない。

そんな観点で観ると、個人的な感覚は別として、経済への波及効果があるのだから、もしかするとまわりまわって、自分にもいい効果が出ているかもしれない。


だけど、やっぱり、嫌いなんだけど。

|

« ほほぉう。吹き替え版に | トップページ | 川崎大ピクサー展(自宅) »

コメント

ほうててさん;
お忙しいのにコメントありがとうございます。
試験、次のステップに進めるといいですね。
やどかり族かぁ。しらんかった。
ということは、成長すると、もっとでかいキャリーに鞍替えするということか・・・
トランクサイズとかに。
そんな意味は無いネーミングだけど、くくりたいんだ。何でもかんでも。

aeさん;
キックボード、いまだにいらいらするが、いまだに使ってやるやつは、ちょっと、いいやつだなぁと少し思う。
それなりに、利点はあるのだろうから、使用しているのだろう。

ファッションであるなら、早く廃れてほしい。
これは、使い続けても、いいやつだなとは思わないし。

投稿: bard | 2005.05.18 22:12

ファッションで使ってる人も多いから、多分キックボードみたいにすたれる。
結構迷惑。混んでる電車降りてすぐにごろごろって。スペースがないところは持ち上げて運ぶべし。

投稿: ae | 2005.05.18 00:51

やどかり族っていうらしいね。
何でも命名しちゃう日本人。w
たまに権利書など、大事なものも入っているらしい。

投稿: ほうてて | 2005.05.17 23:01

とおるさん;

そういえば、英語の教材とか教材の類を売っている人ももってますねぇ。もうイメージに無くなりつつありました。

もう機上の人になっているかもしれませんが、のんびり楽しんできてください!

sanaさん;
機内持ち込み可能サイズが、いろいろ出たり、廉価になったりで、促進している面もあるでしょうね。

フライトアテンダントのイメージというのも、皆に刷り込まれていて、意外と助長している要素なのかも。

軽くて済むというのが、一番のポイントなのかなぁ。
個人的な視点からいうと、両手が自由になることが最重要なのだけれど(なので持ちたくない)、女性は、特に、小さくてもバッグを持たざるを得ないことが常態化しているから、どうせ持つならということも働いているのでしょうか・・・

投稿: bard | 2005.05.14 17:26

中短期の海外旅行に持っていくかばんが、スーツケースからキャリーバッグに移行し始めたのが5,6年前という感覚だけど、違うかな。
フライトアテンダンドが颯爽とキャリーをひいて歩くのに、友人もわたしも憧れたものです。

いまはキャラクターものとかも出てるから、街使いに広がってるんだろうか。

わたしは旅行のとき以外は使わないけど、東京みたいに高度に整備された都市では、キャリーはホント楽なんだと思いますよ。肩に荷物の重さを実感しなくていいですから。街が石畳だったり、階段が多かったりしたら使えないですけどね。

投稿: sana | 2005.05.13 09:14

英語の教材売ってるオッサン御用達ってイメージも変わりますかね?(もう変わってる?)

投稿: とおる | 2005.05.13 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/4098877

この記事へのトラックバック一覧です: キャリー女が運ぶ先:

« ほほぉう。吹き替え版に | トップページ | 川崎大ピクサー展(自宅) »