« そして、横浜へ | トップページ | KUSABUE に出会う »

2005.05.06

発見!ダーツマシンの中身

先日、ダーツマシン(勿論、業務用)の中身を見せてもらった。
「スペクトラム」シリーズ<メダリスト社製>

機種としては、一世代前の、通信機能の無いやつ。

中身をみると。凄かった・・・

懐かしさに溢れる構成・・・

液晶は、14" 256色 VGA(これは、外からでもわかるが・・・)で、15pinのRGB、きわめてオーソドックス。
メインCPUは、386SX!

もう手に入らんやろ。お分かりにならない方もいると思いますが、OSで言えば、Windows3.1の中期から後期ぐらいに使われていたやつです。Windows95を無理やり走らせていたつわものもいたでしょうけれど…

何年か前だと、ソフトに動作対象CPUに記述があった(と思う)CPUですね。

むやみやたらと基盤が大きく、今作れば、あの半分もいらないようなラフな作りでした。
コネクタが多いですが。
趣味で作れる範囲のような感じ。基盤はチャント、UL認証されていましたよ。US生産だけあって。
(今時、ULついていないものもないけど)

配線は、空中配線なんてお粗末なものではなく、整然とされていました。
メインは、マスクで、ゲーム数の拡張やバージョンアップは、EP-ROMでやるようになっているようで、6枚(だったかな?)させるようになっていて、3枚あいていました。

いやぁ、原始的。だからこそ、バーなどの劣悪な環境下で耐久性があるのだろうけれど…

あれをどこかの組立工場に作らせれば、少なくとも、10万以下で作れるだろう。
ほとんど材料費。組み立て工賃は、あのシンプルさだと、ほとんどないかも。

あれなら、お遊びで日本のメーカーも進出すればいいのに。

|

« そして、横浜へ | トップページ | KUSABUE に出会う »

コメント

蛍池の日々のときやねぇ。
いま思うと。

ゼッパチ(敢えて)も、相変わらず、NCなんかでも現役やし、すごいCPUやなぁ。
もう20年ぐらいやんもんねぇ。

386SXなんて、複雑なぐらいやもんなぁ。
ところで、いまでこそマカーやけど、FMTOWNSのCPU忘れたら、あかんやろ。自分。

投稿: bard | 2005.05.12 23:58

386SXかー.確かに懐かしい.FM TOWNSとかこれだったっけ?すごく欲しかった記憶があります.EPSONのマシンも欲しかったな.あのころはお金が無くて買えなかった...帰るようになったときは,結局Macを買ったけど :-p
まあ,Z80とかもまだ現役だし,こういうシンプルな機器ではまだまだ現役かもね.

投稿: いちはら | 2005.05.11 23:34

386SXかー.確かに懐かしい.FM TOWNSとかこれだったっけ?EPSONのマシンも欲しかったな.あのころはお金が無くて買えなかった...
Z80とかもまだ現役だし,こういうシンプルな機器ではまだまだ現役かもね.

投稿: | 2005.05.11 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/4003290

この記事へのトラックバック一覧です: 発見!ダーツマシンの中身:

« そして、横浜へ | トップページ | KUSABUE に出会う »