« 窒息死しそうな暑さにマッコリを | トップページ | ギネスについてもう少し語ろう(1) »

2005.06.29

ギネスの愛すべき刹那

このカテゴリ(パブクロール)でエントリすべきではないかもしれないが、前々から書こうと思っていたことを。

ギネスをハーフパイントぐらい飲んだ時に、その飛び込みたいほどの白(褐)色の泡に写りこむ、<光源さえよければ>ギネスのロゴの影が大好きである。


あの時間、ゆっくり飲むことの素晴らしさを教えてもらう。

追記
いや、マーフィーズとかでもかまないのだけれど、ビールにもグラスを傾ける時間があるということです。
全く関係ないですが、今夜、NIKKAの宮城峡のCAFFEY式12年のグレーンを使ったウイスキーを飲みました。

|

« 窒息死しそうな暑さにマッコリを | トップページ | ギネスについてもう少し語ろう(1) »

コメント

加水した方がうまかったな。個人的には。
グレーンとはおもえない美味でした。
スコッチで言えば、スコッチの幅の中にある味。
バーボン的なものを求めるなら、物足りない味。

投稿: bard | 2005.06.30 12:05

NIKKAウィスキー、
仙台でゲットしたものと
聞きましたぜ、あにき。

むふふふふふ。

投稿: Kanariya | 2005.06.30 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/4764063

この記事へのトラックバック一覧です: ギネスの愛すべき刹那:

« 窒息死しそうな暑さにマッコリを | トップページ | ギネスについてもう少し語ろう(1) »