« 西へ西へと。季節が変わる度 | トップページ | 詩を紹介するようならしくないことを »

2005.07.06

信じかた、愛しかた。マジ、メシ

ある人と、食い物の話をしていて、気が付く。

それだけで、信じたくなるもの、ついていきたくなるもの、食べる前に「あなたを信じます」といいたくなるもの?サービス?に、
「キャベツ、お替り自由か、てんこ盛り」で惜しみないことと、「専門店」で食いものを出すところだ。

なぜか行きたくなる食事処の共通項を考えると上記の2点なのだ。

「キャベツ」をがんがん喰らわしてくれるところで、変なところにあたったところが無いし、「専門店」は、専門でやっていけるところに、もうそれだけで、存在価値があり、何かしらの魅力があることが多い。

最近もそういうお店に遭遇したので、エントリしようと思いつつ、時間が経ってしまったので、再訪してここに書きたいなと思っている。ちなみに、カレーのお店。


|

« 西へ西へと。季節が変わる度 | トップページ | 詩を紹介するようならしくないことを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/4857735

この記事へのトラックバック一覧です: 信じかた、愛しかた。マジ、メシ:

« 西へ西へと。季節が変わる度 | トップページ | 詩を紹介するようならしくないことを »