« 西部開拓準備(1) | トップページ | Have you ever seen anything like this? (Seven) »

2005.10.03

西部開拓準備(2)

そんなこんなでほぼ貫徹状態で、東京でやるべきことを遂行中。
一部は、出先に持っていくけど。

そんな自分を見かねて、壮行会?景気づけに、うまい魚を出してくれるところに連れて行ったくれた。

ランチでもそれなりのお値段はするような(夜はとてもいけないような)割烹料理屋のランチに。

いろいろ魚が選べ、魚により、2種類以上の中から、調理方を選ばせてくれる。

刺身、から揚げや塩焼きなどなど。

オイラは、「メバル」の"塩焼き”を選択。
メバルって、東京では、あまり食べる機会ないようなぁなんて、選択しながら気づく。

気軽に入れないようなお店だけれど、魚の使い方が、せこくなく、ほとんどの料理が一匹丸々使って、目の前で料理してくれるので、時間はかかるが、魚のほっこり感を失わず供してくれるのが素晴らしい。魚って、切ってしまうと少し醍醐味が失われからねぇ。

至極まっとうだなぁと関心。ランチならあの値段をだしてもいいかな。(今回はおごり)
で、その日は、白米の炊き具合が絶妙だった。米粒が小さめで、水分があって、口の中で適度な噛み心地を与えてくれた。
普段はあそこまで美味しくない(普通)と連れの人は言っていて、今日は当り!だったと言っていた。
ご飯にかんしては、電気炊飯器で炊き上げてるみたいだし、ことさら薀蓄があるようにみ受けられたけれど、そこはそれなりのお店。なかなかにうまかった。

とにもかくにもありがとうございます+ごちそうさま。
これで西部に詩作?に立つことが出来ます。

今日行ったお店は、また今度。

|

« 西部開拓準備(1) | トップページ | Have you ever seen anything like this? (Seven) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/6269569

この記事へのトラックバック一覧です: 西部開拓準備(2):

« 西部開拓準備(1) | トップページ | Have you ever seen anything like this? (Seven) »