« 笑顔たっぷり、希望がっつり 於「笑笑」 | トップページ | 新しい光で照らしてやる »

2006.01.12

かぼすの焼酎が効いた

昨夜の居酒屋で飲んだ
「大分のかぼす焼酎」と「オリジナル麦焼酎」が効いてました。棚卸じゅう、ずっと。

といっても、今日は、フリーに動くという役割(に自主的になったのだが)だったので、結構、前日・初日にパラレルで二日目の準備をしていたこともあり、わりと時間はゆったりとあった。

かぼすといえば、大分の名産。

そう大分は、昨年の九州遠征のなかでは、個人的には思い出深い。
このエントリぐらいから一週間ぐらい参照してくださいませ)

なんどもいうが、空港は、あほみたいに遠いけど。

大分の人は、なんでもかぼすをかけるそうで、絞ったものが、一升瓶や、小瓶に入って売られていたりしているそう。

大分の食は、結構、目立たないけど、優しくて美味しく、丸い印象だった。
目立ったものというと、関さば、関あじなんかが有名だが、地鶏(九州ですな)、鶏飯などなど。

九州は、かぼす。
九州を除く、西日本は、特に四国は、すだち文化だよなぁ。

ただ、かぼすのほうが、同じ柑橘系(学術上は全く違う種類だそう)でも、まろやかな気がする。
すだちのほうが、青い時は、とげ、カドがたつというのか。

そんなことを思うと、丸い感じがしたのは、かぼすにもあらわれているのかもなんて思ったり。

その焼酎を飲んで、ふらふら気味だった。自分。

|

« 笑顔たっぷり、希望がっつり 於「笑笑」 | トップページ | 新しい光で照らしてやる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/8155350

この記事へのトラックバック一覧です: かぼすの焼酎が効いた:

« 笑顔たっぷり、希望がっつり 於「笑笑」 | トップページ | 新しい光で照らしてやる »