« チュニジア!デラックスビール!? | トップページ | ライブは春眠ともに »

2006.04.02

のび太の恐竜2006を観る

以前のエントリで、観るつもりで観れなかったが、今日、ようやく観た。

普通に良い。
でも、昔ほどの感動はなかった。

初めて観た映画というので感激したのが大きかったというのも、当時にはあっただろうが、観た後の感覚が違う感じ。全く違うと言うのではないけれど。

声優陣が違うから、違和感を覚えるとか事前に言われていたのだが、それほど感じなかった。

例えようがないので、ありきたりだけど、今風にアレンジされているのは事実。
それに対して、それほど嫌悪感を覚える感じもなく、控えめに時代を吸収しているというのか。

前回と映画の時間自体は同じぐらいだと思うけれど、なんだか、はっしょってる感じがして、ブツ切れ気味というか、感情が継続していかない感じ。

あと、ジャイアンの男気が薄まっている感じ。
中間部分で、「映画のジャイアン」らしい一面を見せるのだけれど、ちょっと弱い。

でも、最初に観たら、キット感動しているのだろうな。子供たちは。

子供と言うのは、ホント、大人とは違う部分で、ケラケラ笑うなぁとつくづく思った。笑うつぼがちがうなぁ。

結構感心したのは、本編までの予告が、アニメばかりにしていたり(子供連れへの配慮だろう)、エンディングのエンドロールは、最後の最後に、前作や、前作当時原作で読んでいた世代(自分です)には、涙を誘うというか、原画が挿入されて懐かしさを誘う。

そうそう、スマステーションで稲垣吾郎が言っていたけれど、「自分の中ののび太」って誰にもあるから感動しないわけがないと言っていたが、素晴らしい表現だ。

あと、船越栄一郎の黒マスクの声はよかったな。スキマスイッチの歌も良かったな。いや、彼ら好きなんです。

映画館でお金を払って観るに値するかというのは難しいかもしれないが、割引券、格安券、映画の日なんかに、行くのはいいと思う。TVで放映されると、集中して観ないから少なくとも、映画館の箱に入って観るべきかな。

|

« チュニジア!デラックスビール!? | トップページ | ライブは春眠ともに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/9398613

この記事へのトラックバック一覧です: のび太の恐竜2006を観る:

» ドラえもん のび太の恐竜2006 [□film-navi〔フィルムナビ〕]
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのドラえもん のび太の恐竜2006情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2006.04.23 17:16

« チュニジア!デラックスビール!? | トップページ | ライブは春眠ともに »