« 大満足である | トップページ | 奥の奥の細道の豚平焼(京都駅:とんちん亭) »

2006.07.07

青と青の闘い(アズーリとル・ブルー)

決勝は、イタリアとフランス。

ジダンの輝きもいいが、ポルトガルに勝たせたかった。
あの試合の審判、ポルトガルにPK与えるべきプレイを一つは、絶対ミスしてるよなぁ


イタリアとフランス

フランス大会の試合を思い出す。
バッジオが、交代ででるやいなや、あわやゴールか(TV中継の角度では入ったように見えた)というプレイが。
あのとき、バッジオがなんだかんだいわれ代表復帰した。

結局PKで負けてしまったけれど

今回、バッジオと同じファンタジスタ デル・ピエーロが、交代で出てきていいプレイ、輝きを見せている。
彼はあの試合にいた。

彼が、バッジオのように交代出場して、ゴールを決めて、あの試合を乗り越えるような展開になると劇的。

とにかく、ぎりぎりするような試合を観たい。

できれば、イタリアに。
流れ的に、世界はジダンを望んでいるけれど。。。

やっぱ、ガットゥーゾ。いいぞ。キャラだけじゃなく、中盤のディフェンス。いい。

|

« 大満足である | トップページ | 奥の奥の細道の豚平焼(京都駅:とんちん亭) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/10821161

この記事へのトラックバック一覧です: 青と青の闘い(アズーリとル・ブルー):

» ジダンの頭突き問題 [@若ちゃんのブログ]
子供たちの模範とならなければならない、プロの選手はどんな事があっても暴力を振るってはいけない。ジダンはMVPを返上すべきだと自分は思う。 [続きを読む]

受信: 2006.07.13 18:08

« 大満足である | トップページ | 奥の奥の細道の豚平焼(京都駅:とんちん亭) »