« 教材用としてロット数を上げて、コストダウンしてくれ、だれか | トップページ | 9月10日(日)第一回パブクロール決行 »

2006.08.29

ごっつまじめです。外面と違って(@一滴八銭屋、恵比寿)

映画「UDON」も公開されたんで、最近行ったうどんやさんをご紹介。

恵比寿で、堅焼きそばをさがして、昔住んでいたあたりをうろうろしていたら、うどん屋を発見。

でも、創作うどんやて。文字面だけで、そんなところ行くか、ボケと反応。

何が嫌いって、うどんサラダみたいなんだすところ嫌いなんじゃ、と体が拒否反応。

探しまくって、嗅覚が反応するところがなく、同じ所をうろうろと。
で、また、その創作うどん屋さんを改めて、眺める。
2階がお店で、1階にメニューが。

まずまず好い感じ。店名を見ると「一滴八銭屋」とある。

あっ、名前だけは聞いた事がある。新宿で人気、美味いと聞いた事がある店だ。
もう疲れていたので、入ってみる事に。

外装、内装ともに、うどん屋さんとは思えないつくり、少なくとも讃岐ではない。
まぁ、しゃれててます。恵比寿です。

とにかく、和を基本としたダイニングと言った感じだけど、店内/店員の清潔感、店員の一体感は、心地よい。
一生懸命さが伝わってきました。

造りも、店内が用途で分かれている感じで、グループ用、カップル用…うまく、パーテーションの向きで個室的な雰囲気を出していたり、色んな用途で来れる感じ。

で、肝心のうどんは、讃岐うどんをベースにいろんなメニューがあるけれど、真摯さが伝わってくる感じ。
創作の開拓の方向性が、許せるというかそんな気がした。冒涜していないと言うか。

でも、店主があえて、讃岐とはうたってないんだと。

一番分かりやすいだろうから(実際は暑かったから冷たいのんが良かっただけ)ぶっかけのメニューを頼んだら、まぁ、かなり好み。これが。

すごいしっかりしていて、エッジも立ってるし。頼んでから少し時間はかかるけれど(ここがセルフで無い所以)、がっしりした麺で、久々に東京でこんなしっかりしたうどんに出会った感じ。
分かる人には分かる、朝早い時間帯の「さか枝」の洗練された感じ。

うまい。麺をたべて信じる気になった。
他の一品も、いろいろ美味そうだし。夜も来てみたいなと。そんな気にさせてくれました。
値段も、東京で立地を考えて、フルサービスで、600円代ぐらいからというのは、良心的かなと思う。
そばもその辺の所で食べたら1000円はするので、それぐらい出すと、この店結構選択肢増えるから好いと思う。


8月いっぱいは、時間無制限のコース+飲み放題プランがあるという壁紙を見て、ちょっと利用してみたいかもと思ったな。ここなら、そこそこ、うまい肴を出す気がするから。


|

« 教材用としてロット数を上げて、コストダウンしてくれ、だれか | トップページ | 9月10日(日)第一回パブクロール決行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/11659109

この記事へのトラックバック一覧です: ごっつまじめです。外面と違って(@一滴八銭屋、恵比寿):

« 教材用としてロット数を上げて、コストダウンしてくれ、だれか | トップページ | 9月10日(日)第一回パブクロール決行 »