« Gmailの紹介制は、ほぼ無意味に? | トップページ | ごっつまじめです。外面と違って(@一滴八銭屋、恵比寿) »

2006.08.26

教材用としてロット数を上げて、コストダウンしてくれ、だれか

ある世代には、思春期への郷愁を思い出させるMSX。

(これは昔のパソコンの名前ね。一応。)

これが、1チップMSXとして、復活すると言う。

価格は、イチキュッパ ¥19800

ううむ、微妙。かなり頑張っている価格だと思う。

欲しい。欲しいが、何につかうんやといわれたら、使わないだろうし…
でも、なぁUSBが付いていて、SDカードがついていたり、エミュレーションの内容を変えられたりするみたいだから、
理工系の教材なんかによいかも。

デフォルトで遊んで、基本を知ってもらい、詳しくなれば、中をいじくりたおすとか、NCのCPUにでっち上げるとかさぁ。

研究と称し一括導入してもらえる機関が現れて、製作ロットを大きくしてもう少しコストダウンしてくれれば買うのになァ。

昔、MSXを持っていた頃には考えられないほど小さくなったなぁ。

CPUは、ようしらんけど、(当時はZ80)カメレオンみたいなCPUで、コードを書き換えてエミュレーションする感じのCPUを使ってやるみたい。

CPUは、これ↓
アルテラ Cyclone FPGA EP1C12Q240C8

|

« Gmailの紹介制は、ほぼ無意味に? | トップページ | ごっつまじめです。外面と違って(@一滴八銭屋、恵比寿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/11641884

この記事へのトラックバック一覧です: 教材用としてロット数を上げて、コストダウンしてくれ、だれか:

« Gmailの紹介制は、ほぼ無意味に? | トップページ | ごっつまじめです。外面と違って(@一滴八銭屋、恵比寿) »