« だいたいファーム!? | トップページ | 遠く、遠く、深く、夜明け前のタイプ音 »

2006.11.25

井桁のごぼう天だ!(@ゆで太郎)

以前のエントリで、何度か取り上げた事がある立ち食いの「ゆで太郎」

今日、久々に行った。

この店の、「玉子丼セット」がチープで、最高。玉子丼に入っている「なると」なんて、石原良純がきっと喜ぶであろうごっつスタンダード。いまどき、絵に描いたようなこんな「なると」みられない。

(特盛りのせいろもいい。すごい量のそばが食らえます)

なんで、食べたかというと、手弁当にて、あるオフィスのネットワークをみる事になり、千代田区界隈に行ったからだ。

今日は、玉子丼の口ではなかったので、注文しなかったけれど、若干口寂しさもあり、ごぼう天そばと(あまり美味しくない)いなりを頼んだ。

このごぼう天が、やばかった。

いつも通り、たちぐいそばの天ぷらよろしく、衣が油の悪い感じでやたら存在感の大きい感じで(具より大きい)ごぼうに纏わりついているのだけれど、具であるごぼうもかなり太いので、でかさを感じてなんだか嬉しくなる。

ごぼう、ほんと、太いよ。

これがさ、井桁に組んで天ぷらにしていて、かじりつくと、巨大な井桁のごぼうが押し寄せるので、なかなか苦労する。でも、なんだか満足感に溢れる事が出来てちょっと嬉しかった。

ごぼう天自体の完成度とかそういうのではなくて、視覚、触覚が刺激されるのがたまらない。

ようは、大盛の美学だ。。。

願わくば、ねぎ取り放題なんかであればもっとうれしいのになぁ。

|

« だいたいファーム!? | トップページ | 遠く、遠く、深く、夜明け前のタイプ音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/12817169

この記事へのトラックバック一覧です: 井桁のごぼう天だ!(@ゆで太郎):

« だいたいファーム!? | トップページ | 遠く、遠く、深く、夜明け前のタイプ音 »