« A Soulful New Year begins at Ikkaku | トップページ | DV To DVDで学んだこと »

2007.01.04

取込1時間、コーディング1時間半

DVテープの取込つうのをやってみた。

DVD-RをようやくPCにつけたから。

DVDに焼こうとおもって。
XPでの、その簡単ぶりに驚いたが、時間がごっつい。
テープなので、ソースを早く取り込むことはできない。

1.1時間のテープは、1時間かかるわけだ。最低。

#昔のラジカセを思い出しました(でも、末期には倍速ダビングとかいろいろ出回っていたなぁ)
ノスタルジー

2.でもって、これは自身のソフトウェアの仕様だと思うが、エンコーディングに、1時間半ほどかかった。
#もう、編集する気は失せる。
#そのままDVDに直接、焼いてしまった。ここでようやく、DVDの速度が少し効くぐらいで、大差はない。

3.次は、テープから直接DVDに焼こうと思う。

4.でも、オンザフライは、怖い。それもアナログなテープからDVDつうのはやばそう。経験的にも。
それに、データをHDにいったん取り込むほうが、いろいろ後で便利やしなんて、just in caseを想定すると、

1→2
しかないだろうね。
でも、きっと取り込んだデータを編集はしないのだろう。じゃ、4は、半分無意味じゃんなんて、自分の逡巡に突っ込みつつ、今後は、DV→DVDにしてみます。

その後は、昔のレーザーを取り込んでDVDに焼くか・・・

あっ、その手間・時間を考えると、DVDを買うほうが早くて、品質も良い。
∴ やらない

|

« A Soulful New Year begins at Ikkaku | トップページ | DV To DVDで学んだこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/13330622

この記事へのトラックバック一覧です: 取込1時間、コーディング1時間半:

« A Soulful New Year begins at Ikkaku | トップページ | DV To DVDで学んだこと »