« 俺のシルバーチャリオッツ! | トップページ | 永田町の夜は、KIRIN "THE GOLD"とSAPPORO "LAGER"で? »

2008.10.23

懲りずに、呑まずにひたすら気になるビールをご紹介

1.黄桜 RUBY NILE

古代エジプトの小麦を使ったビールで、昨年"WHITE NILE"や"BLUE NILE"で、一部話題になっていたビールの第3弾
9/29から発売されていたようです。

今頃になって記事が出たようです。

以前に紹介したキリンの明治・大正のビールも 最近になって、業界紙で報道され始めています。

発売を控えて、報道されるあたり、「おとな」な匂いを感じるのは、素直じゃない性分なもんで。

上記で1と書いていてなんですが、気になる麦酒のネタがないので、市場の感想を。

1~9月のビール類(第3とか含む)の出荷数量が発表されているのですが、全体としては、前年比 3%弱マイナス。

前年比を上まっているのを眺めると、

アサヒ「熟撰」(221.5%)
アサヒ「スタイルフリー」(144.2%)

サントリー「ザ・プレミアムモルツ」(123.8%)
サントリー「金麦」(277.2%)

でした。まぁ、CMの露出量やトレンドからいうと、順当な気がしますねぇ。

熟撰は、CM効果と味自身が訴求点を裏切っていないので順当と思う。

でも、「金麦」なんか、缶のデザインは良いと思うが、CMだけって感じするなぁ。


プレミアムモルツは、十分に認めるけれど、皆、なびきすぎ。
あそこまで、流行らなかったら、まずまずほめると思うが、天邪鬼な自分は、どうも。(まっ、もともと自身が求める方向性ではないからなぁ)

スタイルフリーは、論外です。語る気にもなりません。
需要はあり、それに応えるのも製造者の役目ですから、その成功を咎めるとかそういうことではなく、麦酒を語りたいときには、ステージが違うと言うか、その作品が持つ方向性が違うと言う感覚。

ところで、この中で前年対比で、落ち込んでいるのが、

キリン「キリン・ザ・ゴールド」(27.3%)

当初のCMなどのメディアの露出量で需要は作られていたとはいえ、ココまで落ち込んでいるのは納得いかん。

というか、ココまでだと、製造が危ぶまれるなんてことにはならないだろうか。

僕は、買っている。いいビールだと思う。
コストは、通常価格なのに、いい味。(コストに比すれば)
プレミアムビール価格じゃないのに、かなりプレミアム。

先日、このビールのファンと語る機会があった。
彼曰くは、「発売当初」の味がよかったと。
 僕も、あの味は、あの味でよかった。通好みで。

で、最近、店で瓶ビールで飲んだら、思いのほか美味しかった。
再認識した。

でも、最近の味は、チューニングを変えたもので、彼が言うには好みではないらしいのだけれど、十分旨い。

なので、がんばってもらいたいなぁ。

そんなこんなで、今度の金曜の夜に開く宴会では、店に行って、強引にゴールドを混ぜてもらいました。

ながくなったな。
こんなデータからも、今年のベストほにゃらら のベースになるでしょ。ねっ。
(個人的な問いかけ)


|

« 俺のシルバーチャリオッツ! | トップページ | 永田町の夜は、KIRIN "THE GOLD"とSAPPORO "LAGER"で? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/42875562

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りずに、呑まずにひたすら気になるビールをご紹介:

« 俺のシルバーチャリオッツ! | トップページ | 永田町の夜は、KIRIN "THE GOLD"とSAPPORO "LAGER"で? »