« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.31

L社とE社

二泊三日の研修から帰宅。

この半年、研修の運営というか事務局をすることになっていて、なぜだか、1ヶ月に1度は都内に泊まりこんでいます。

で、今回は、自分自身の研修で、いつもとは違って、事務局ではないので、気を使わなくて済む点で気楽でした。

でも、同僚が事務局をしているので、その点で多少手伝ったりと気遣いはしますが、まぁ、いつもよりは楽でしたね。

研修自体は、普段使わない頭を使いますから、しんどいですが。

研修の運営側に従事することになってから、感謝の気持ちが強くなりましたね。裏方への。

あと、研修を受けさせてもらえるなんて、すごいことですよ。単純に。
会社の規模が大きいですよということですから。

自身のように小さな会社ばかり渡り歩いていると、研修ってまともに受けたことないですからねぇ。

さて、研修のテストの結果はどうなるのでしょうかねぇ。受けたからには、所定の基準は超えたいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.16

Time for 100% Malt? 一番搾りが麦100%に?

大変です!

一番搾りが、今春から

「麦100%」

になるそうです。この英断の理由・経緯を知りたいですが、とにかく味わいたいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.12

麦酒が紡ぐ熱すぎる一日に感動

城山にて仕込みが終わりました。

あの5番樽でこれから熟成されて素敵な麦酒になっていくのでしょう。愛しいです。ホント。子供を愛おしむ気分。
もうなんだろう。この気分。今日に至ったこのご縁に感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.11

城山へ 2

横羽線から羽田方向を望むと工場地帯の向こうが白じんできました。
美しい。


背後からは、ほぼ満月が低い位置から送り出してくれている。

真冬の夜明けの凛とした美しさがたまらない。

いい旅になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一つの城山

僕にとって「城山」とは、松山出身とか馴染みがある人ならわかる、松山城である。

松山では、親しみをこめて呼んでいて、市の中央にあることもあり憩の場だ。

春になれば花見を夏なら…といった具合に四季折々集う場所。


で、只今真冬の早朝の闇を疾走して空港に向かってます。
今日はもう一つの「城山」に赴くのだ。

鹿児島の。


僕にとっては、思い入れが深い鹿児島市

ホント嬉しい。懐かしい。切ない。

何をするかは、追ってエントリします。

勿論、飲み食いして太って帰って来るのは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.08

ギリギリに滑り込みドアを開ける

仕事で煮詰まり、憂さ晴らし、いや景気づけやスイッチを切り替えに或る場所に訪問。
時間帯がいつもと違って閉店間際なのにいつもと同じメンバ


麦酒

いやホントに楽しめました。のっちにファルコンにも逢えたし…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

俺が創らなければならないもの

えと、

春風献上

こればかりです。近年。

年も明けたのですが、それほど日常は季節感もあまりなく、変わらず過ごしています。

まぁ、なんか区切りを持つことはいいことだとは思い、最近は肯定的にイベントごとを楽しむように心がけてますが。

そんなことはさておき、今年やらなければいけないことをまとめました。

  1. 味噌(2年前仕込んだ味噌がなくなりつつあり、この冬大量に仕込むつもり。変わり味噌も挑戦する)
  2. ビール(来週、初挑戦)
  3. 梅干(例年通り。でも土用干しが出来なかったので、しっかりする)
  4. らっきょう(例年通り。でも、昨年は量が少なかったのでたくさん)
  5. おもろい仕事
以上でごんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

雰囲気が台無しになる日??鑑初め- The Day the New Year's mood Spoiled -

本日、1月1日。

12回ある、「ついたち」の中で、唯一祝日の日です。

もちろん、新年を迎える日でありますが、私にとっては、映画の日であります。
それも、絶対休みでなおかつ、映画を観たくなる日です。

このサイトでも、正月に観た映画について言及しているエントリがあった気がしましたが・・・(探したけれど、すぐに見つからず割愛)

で、これが観たいという作品は、まだ先の公開日だったり時間が合わずだったりして、じゃあ、いわゆるポップコーンムービー的な1000円なら観る作品をということで、

「地球が静止する日」を鑑賞しました。
 評価サイト
 Wikipedia 

いやぁ、感想は、タイトル通りです。

じつは、これって、リメイクなのね。だから、設定のあたりに、古さを感じるんだなぁ。
まぁ、物語は、方舟+巨神兵です。といって、わからんか。

宇宙からやってきた方(宇宙人が)「地球」を救いに来た(=人類は破滅の原因のため、不要)が、紆余曲折、人間の理性だけでなく情に触れ、考え方を変え始めて。。。

てな、話ですが、僕的には、久しぶりにキャシー・ベイツを観ることができたのが嬉しかったかな。

その後、帰宅したら、TVKで、劇場版「ガンダムⅢ」をやっていたので、鶴瓶の番組と平行しながら鑑賞という、不気味なちゃんぽん状態。

ガンダムでは、郷愁に近いものを感じつつ、記憶違いが判明したりでした。
その後、ガッチャマンを観たり、相棒と、映像漬け?巣籠り正月のスタートをキリマシタ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »