« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.30

党首外遊につき…

自分でいうのも恥ずかしいですが、昨日つぶやいたら、反応を頂いたんで、謝意を表すとともにあらためてご連絡。
まあそんな必要もない時代かつこの連絡を有効にするなら、時間・場所を明記しない限り意味はない。

つまりはネタづくりです。

僕は、ノイエブリュッケ視察の方がよっぽどいいのです。
北の大地だともっといい気がします。

なんにせよ、全く自由な暇がないわけでもないのでそのことだけを楽しみに行って参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.29

練りと切れ

事実と本質を捉え、戦略や計画には必要なこと。最近聞いた言葉のなかでは、印象深かったのでエントリ。

果たして自分はしっかり練っているのか?決め付けではないか。切れ味するどい視点で洩れなくタブりなく考えられているか。そういう視点を見いだしているのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.28

宇都宮にタッチ&ゴー

昨日は早朝から宇都宮を訪問。ゆっくりできず、午後に東京へ帰京。

数年前まで時折訪れていたので、思い出深いのだけれど、感傷に浸る時間もなく、戻った。

新幹線だと1時間なんで出張した感覚も少い。

以前は貧乏なというか節約して、下で行っていた。2時間はかかるので、それなりに旅な感じがしていたけれど…

さて、今回気が付いたこと。以前からアピールしていたようだけれど、初めて気が付いたのは、宇都宮は餃子だけではなく「ジャズ」と「カクテル」の街なんだって知らんかった。

そのことをつぶやいたら、お二方からコメントを頂いて、いきさつなどを知り得ることができました。

ありがとうございます。


二つの意味で。
・教えて頂いたこと。
・未だにつぶやきの自分の中での位置付けや良さが分からないなかで、その良さや効能の一端を知ることができたこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.27

北の大地に思いをはせて(2)

勇者は荒野に旅立つ。

一筋の希望、一度の出会い、これから始まる冒険が巻起こすだろう期待感とその高揚を胸に雨を切裂き進む。

破格な麦酒の看板に見送られ、肉が焦げる煙と匂いに強襲をうけ、編成間もないパーティーは、その猥雑さに身を任せはじめたその時、正面からジェネラルはやって来た。

我等は危うく幻術にかどわかされるところであった。

僕は、パブの定義を思い出し三段論法でこの街を徘徊する事を正当化し始めていた。
いや、既にしていた。

パブとは、パブリックスペース。人が集まり行き交うところ。それは外装、内装やサービスではなく、多くの人が集い酒を酌交わす社交の場だと。
そうであれば、このシュタットノイエブリュッケもまた同じだ。

勝利するには、己を知り敵を知らなければならない。
先ず、自らを一層知るためこの街から知るべきであり、仲間に提案を考えていた。

そこに優しい微笑をたたえ、現われ、一瞬にして墜ちて行く我等を救い出し我に返らせてくれた。

そう僕らは北の大地の客人とともに南西の街々を巡り、情報収集することが本来の任務であるのだ。

我等三人と一人(東洋の桃に乗った勇者と同じではないか!?)正気を取り戻し、汽車を待ちながら、この任務の目的を確認していると、入電あり。

先程見送ってくれた、もう一人の僕からだ。

なんと、北の客人が我等が集合した酒場に!


図らずもこの街を最初の地に選んだのである。全員が。

(まだまだ続くな…
この調子だと。いいのかな。携帯からだと一気に書けないんだよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.25

土用は観音崎でパワーランチを

ここ数年、年に一度観音崎に来る。

諸事情があって来ていますが、唯一?の楽しみは横須賀美術館併設のアクアマーレというイタリアンで食事する事。
http://www.acquamare.jp/

ここの野菜は本当に素晴らしい。旨い!

売りは魚と野菜なんだけれど、神奈川のブランド豚
恵水ポークもまたいい。
これのオーブン焼は、本当に美味で食前の興奮と食後の満足感と体の活性化が体内にかんじられる。

今回は件のポークをメインにしませんでしたが(おすそわけ頂いた)、初注文の三浦魚と野菜のフリットを摂り元気になりました。二日間伺いましたが、二日目も頼みたくなった。

穴子と野菜の滋味を感じられる絶妙の火入れがたまんなかったなあ。その上、盛りもケチらないので値段的にも満足感が高い。

海を一望できるロケーションも美味しい味付けの一つ。

来年も訪れることが出来るだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.22

これだけ先に言わせてくれ。トイストーリー3観た

一ヵ月前心の整理がつかないほど嬉しいことがあったばかりなのに、またもや嬉しい事が。
エントリタイトル通りです。

ここんとこ、俺恵まれてるなあ。ありがとう。ありがとう。
色々書きたい事ありますが、当時ブエナビスタの試写室で観た頃を思い出します。

いずれにせよ、後2回は観てしっかり整理したいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.21

北の大地に思いをはせて(1)

素敵なゲストを迎えて街にでた。

折からの雨、金曜の夜などなど悪条件は重なっていたが、新橋から始まった。
初平日開催のパブクロール。

開始時、結構な勢いで雨が降っていた。皆、正式な開催地点・時間より前に集合していた。新橋に。
「結果的」に最初の店、場所となった。

待ち合わせは、大崎だったのだが、なぜか愛すべき彼に挨拶、侘び?、義理??を通すため、皆それぞれの想いを胸に立ち寄ったのだ。
愛すべき奴等、相棒だ。


雨の中、(ここでは業務のため参加できず無念の彼が雨男とか言わず、彼の涙だと言っておく)熱い想いを背中に感じ、僕ら3人の勇者は旅立った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.07.20

素敵な夜を紡ぐ

今夜ホップな夜にたまたま陥りました。

天の邪鬼なばっかりに(ホントはメジャーな流れに乗りたいのに)いつものフルコースで終えました。
途中多くのお誘いにゆれましたが、なんとか死守?しました。


でも嬉しいことがありました。
それだけで数年生きていけそうな質問をうけて。

きっと言語化されてなかったけれど、彼のおかげで一回目の言語化がなされて、すこしだけ整理されました。

気付いた事は、あるべき姿は明示、可視化、されていなくても人は嗅ぎ取って集うことがあること。呼応することがあること。

それこそヒトのぬくもりを感じる時。

でも、出来れば文章化すべきだったかなとすこしだけ顧てます。


立ち位置に悩んでますが、期待されるなら、一生懸命に応える、いや、やるだけです。
まっ楽しむことです。僕らの愛する麦酒なのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.12

赤紫蘇とネイビー

当然であるがW杯決勝戦を観ていた。さっきまで。

そして並行して梅干漬けてた。最終段階。

赤紫蘇の投入。
これを終えると土用位までひたすら待つのみ。
(ご存じと思いますが、土曜日ではありません。うちの場合は八月頭かな)


試合を観て、ハーフタイムに塩振りして灰汁をだし、延長戦に入る休憩で再度行い、延長戦後半でPK戦に入るのかもなあ、そのすきに紫蘇をぶち込もうかななんて思ってたら、決勝ゴール。


来年から漬ける度、思い出してしまいそうだ。

オレンジとネイビーのユニフォームを。

スペインが赤の方を着衣してると出来過ぎだったかも。

試合については、色々思う所ありますが、そこは様々な記事に譲るとしても、交替した選手の出来が明暗わけたなあと。あまり目立ってないけど。

スペインの交替したナバスは、アクセントがついて脅威だったけど、オランダのエリアがなっとらん。交替で入ったのに、キレがないし対照的。
セスク・ファブレガスも良かった。

そんなわけで(どんなわけ?)以上、今回のW杯はおわりました。

次は完全デジタル放送ですな。3Dも普及してるでしょうどんな放送になるのだろう…
関係ないけど、3位決定戦やって欲しかったなあ。

もう一つ気が付いたこと。

赤紫蘇って、塩揉みすると、マッシュした麦芽の匂いにそっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.09

君なら○○○バーやりたい?

と問われたら、ほにゃららに何を入れますか?

正直この手のものができてもきをてらうばかりで話題にはなっても続いた試しはありません。

でも自分で店を持つなら多かれ少なかれ何かしらの嗜好は入れるんでは?

どういうものを入れるかの話をすると、その人の個性がすけてみえてなかなか楽しかったりします。


まあ、僕の場合は、○○○パブになりますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.07

魂がいぬかれる

関内の素敵な店

クラフトビアバー

店主も集うお客も麦酒も素敵ですが、日替わりのフードもさらにいつも素晴らしい。


確認をとっていないが、今夜はブログを読むかぎり、かなりやばそう。すぐ駆け付けたい。

サイトを読むのが遅かった。この怨みは、しんばしんしの横浜の集いでとうとうと述べるつもりです。


うまそうやでしかし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧州に行くのねん

順番?としても予選通過時点でも南米に優勝が行くのかと思っていたが、今朝の試合で欧州に決まりましたな。

オランダ、スペインであれば、悲願の優勝となる。

3位決定戦もどのチームがやるにしても楽しみだ。

いよいよ終わるんだと思うと淋しい限り。

さて数日後どのチームが優勝しているのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.05

ようやく捕捉

いやあ、iPhone4なかなかみかけないなあと思ってた。

最近使ってる人を都度みてるんだけどなかなかいなくて。

いつもすぐ入手するような人も今回ばかりはまだ手に入れていなくて、一体出回ってるのかなあなんて思ってたところ、そんなネタでもエントリしようと携帯叩いてたら、いました!


隣りのお姉様がビデオを観賞していて、ソリッドな感じだったのでどこかのメディアプレーヤーかと思っていたら、やおらタッチし始めたんで覗きみた。あっこのUIはあれだ。噂には聞いてたけど、あの容姿かなり平たいのね。Appleっぽくないというか。ドイツのインダストリアルデザイナーなんかが作ったような感じでしたな。

僕は好きだな。これも。触ってないけれど。もっと直線的でヘアラインを活かした感じでも良かったかもね。

少し前世代的だけど。色のように形状の一つ、選択肢としてありかも。

以上、ホントのファーストインプレッションでした〜。
詳しいレポート希望の方はご提供をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りに路上にでてみないか

詳細は述べません。ここでは。

ピンと来る方ご連絡を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »