« プチパブクロール。(二) | トップページ | 確信した。ラピュタが好きな女は女ではない »

2013.12.12

清貧のロースカツ!その名は「まるや」新橋

まるやでまんまるになりました。
このサイトを開いた頃は、出張族故に出張B級自腹うまいもん日記だった頃があって、何食べたとかよくあげていたのだけど、久しぶりに。

この店、ゆりかもめの駅の袂にあって、人通りが少ないこともありこの辺りをよく通っていたのだけれど、通るたび気になっていた。それも数年。
なかなか腹具合のタイミングがあわなかったり、時間があわなかったりで、一度も入ってなかった。
お値段は外にメニュー掲示もあるし、厨房も外から見えるので、入りづらい訳でもないはずなのに、一抹の不安というか、直感的な躊躇もあったりで、これまで入らなかった。

なんというのか、初めての新橋のおっさん文化への畏怖というか、うぶな感じの初心者なびくつき。

まあ、とにかくカツを喰らいたいタイミングがあわなかったわけですが。
そして、今日、空腹で縁起も担ぎたくて、ビッグサイトへ行く用件が昼を挟んで出来た!おっ!今日こそ行くぞと、気合いを入れて立ち寄った。11時半過ぎ。

カウンターの端に通される。

おじさん、とても丁寧な方。こんなに庶民的だったとは、さっきまでの躊躇は消し飛んだ!バシルーラァ!!
思った通り、入って良かったなあ。

ものすごく王道の取り合わせ、質実剛健、シンプルイズベスト。

統制のとれた美しさというなのか、やたらでかいとか量があるとかそういう荒業に走らない潔さ。
しじみの赤だし、やっぱ、カツにはね。

大根のあっさり柚子風味のおつけもんのアクセント、醤油もおいている優しさ。

カツは150グラム弱ぐらいかなあ。大きすぎず小さすぎずで、揚げっぷりも丁度。供された時点で、すぐに食べると薄紅の最終段階、火の通る数秒前、ソースだのなんだの準備してると余韻で火が入る位で良好です。

衣も軽くて見た目よりあっさり胃袋に入ります。女性一人客がちらほらいるのも分かるなあ。

衣の色が濃い目で、少しスパイスのような風味を感じたけれど、時間的に新しい油だと思うので、何でだろう。

まあ、食べ進むうちに気にはなりませんでしたが。
そして、清潔さと接客の心地よさも素晴らしい。

揚げた後の所作もいいですねえ。インデアンカレーの盛付けを観ている気分になりました。
一応、もう少し詳しく書いておくと、ランチタイムは、昼用のメニューになっており、若干絞られてます。

ご飯と味噌汁はおかわり自由。追加キャベツは、100円です。

がっつり食べたい向きには、ヒレとロースのミックスかヒレ1.5倍盛りがありました。

でも、ロースにはない。増盛が。作って欲しいなあ。しかし、昼はかなりお得ですなあ。
夜は、単品も出来るようですし、持ち帰りもOKとのこと。長居は出来そうに有りませんが、瓶ビールとカツでちょっと腹ごしらえして、新橋の海に飛び込んで行くのも善いかもなあ。
そんな清貧のトンカツ屋さんのロースカツ定食は700円。
ねっ、清く正しいでしょう。

|

« プチパブクロール。(二) | トップページ | 確信した。ラピュタが好きな女は女ではない »

コメント

そうなんですよねー、書き漏れてましたが、塩も卓上にあって、良かったです。食べました。食べました。勿論からしもありますが。塩、醤油、ソース全て試しました。あういうちょっとした気が利いててよいですよねえ。

投稿: Bard | 2013.12.14 13:54

カツは、塩で食べてみた? うまいよ~。(^-^)

投稿: とし | 2013.12.14 02:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/58744761

この記事へのトラックバック一覧です: 清貧のロースカツ!その名は「まるや」新橋:

« プチパブクロール。(二) | トップページ | 確信した。ラピュタが好きな女は女ではない »