« 2014年5月 | トップページ | 2014年11月 »

2014.06.20

ひとにきょうみがあるのかわかりません

しばらく、エントリを控えようとおもってます。10年やってて、実質更新してなくても敢えてご案内するのは初めてです。それほど多くの方が訪れているわけではないですけど、不義理もしたくないんで。
あえて。

更新するようになれば、ここでもご連絡しますけど、訪問しなくなれば、ここに来ることもないでしょうから、Twitterのアカウントを一応知らせます。 @Bardofmaltparty です。
何かを発信しはじめたら、ここから呟きで連絡するつもりです。多分。
自己破綻しているのかもなと。

俺は人の可能性を信じているのか、対話しているのか、本当によくわからない。一貫性のなさというのか。足りてないんだよな。きっと。
理想というかあるべき姿よりありたい姿を追って、小さいながら追っかけてます。最近。
でも、いつか変える。その思いだけでやってる。多くの方に迷惑かけてます。それでも、僕は、、と言いたい。
だって、全ては理想と思いから発祥したはずでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.13

ネーミング

久しぶりの商品名を考える仕事。

凄い数を出すのだけれど、これだというのは未だに出てこない。
なんかとなんかの会わせ技も試すのだけれど、なんとも。
でも、こういう時間は楽しい。

とにかく数出していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.11

20年ぶりの邂逅 きじのシソに憧れて

なぜか行列がなかったお好み焼き「きじ」に入って喰らいました。

梅田で食べて以来、あれは20年前ぐらいか。
あの時の衝撃は忘れられない。

あれ以降、自分のお好み焼きにはシソが入るようになったのだから。

あれ以降、色々追求するようになったのだから。
そうここの物真似、オマージュだったのです。僕の。

ちなみに、僕のは3ランクあって、通常版?以上に入ります。
入ったのは丸の内のお店だけれど、大阪らしい細かいキャベツでふわふわに仕上げた生地が好みはあれど、明らかに違うレベル。僕はこう作らないけど、感心しました。凄いなあ。
さて、発見だったのは、スジモダン焼きとキムチの盛合せがハマる味でしたなあ。
スジモダンの卵の火入れの絶妙さとキムチの中にあるさきイカのキムチは絶品。
後者は追加したほどで、酒がすすみます。反則です。
キムチのベース自体も、ちゃんと辛い韓国(行ったことないけど)なものなので、ペチャもオイもうまいのだけれどさきイカは秀逸でした。
あれは漬けてなく、絡めた感じのものだろうけど、あれは真似したくなりました。
はい、20年前のように、真似します。
まあ、相性はいいよね。もともと七味なんかで食べるもんだし、さきイカの塩気と旨味がキムチで辛みと旨味が増すのだから、そりゃ凄い。
麦で出来た黄金のものを呑みながら、ソースにつかった麦で焼いたもんを流し込んだ素敵な夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.02

忘れられてなかった街、大井町

最近、この街の魅力にはまりつつあります。

戦後と近代とが混ざっているのに全体的な印象としてすっきりした面持ちもある不思議な街。混沌がある方角をみていると全く匂ってこないのに、ある方角では、漂いすぎてる。
京浜東北線の品川から横浜までの街にある大衆さと京急線の破滅的な自堕落さと東急線の、特に言えば、東横線や田園都市線の作られた郊外の魂のない画一が混在。いや、隣の部落通しで目には見えない争いを続けてるようなそんな感じかも。本当は、大井町Tribe?

皆、仲良いふりはしている。

似非ではあるが、近い雰囲気や同じ要素を感じられるのは、吉祥寺や溝の口、そして、少し前の中目黒や恵比寿の西側とか。でも、当然ながらどれとも違う。
3路線の乗換駅になったこともあって、この10年ぐらいは進化してるなあ。

昔は、東京になぜかある阪急の一つが存在する街として不思議な雰囲気を醸していたのになあ。
一度、住まいを移したいなあと思える街なので、あのダンジョンを中心にレベルアップしていきたいと思います。
京浜東北線の川崎までの徐々に牙をむいていく街々の最初として丁度塩梅がよいね。本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年11月 »