« 日帰りがコタエハジメル | トップページ | 小さな出張 »

2015.03.06

グリルミヤコ(弁天町, 大阪) 清貧の中の活力

大阪出張。
午後一の待ち合わせ。
少し早めにでて、乗換駅で昼食を取ろうかと。新幹線社内で早めに軽食を取っても良いけれど、時間に余裕もあるし、地元の食事処に立ち寄ることにした。

「弁天町  ランチ」で検索。
幾つかお店が結果にあがるなか、さらっとみると駅近の洋食屋さんの名前があがってる。

関東じゃなかなか食することができないビフカツも定番の模様。ステーキも有名らしい。
もう、あまりコメントをしっかり読まずに、その言葉だけで訪問即決。

カツはトン、豚、それもロースに限るとは思っているが、ビフカツには違う良さがある。
郷愁もある、普段食べられない珍しさもある、牛肉をカツだなんてという罪悪感ようなものもある。
そんな色々な感情もあるけれど、まあ、好きなんです。

大阪出張ではあまり乗らないJR の環状線で弁天町へ。北口改札を出て、陸橋を越えて、ホテルなどがあるちょっとしたビジネスエリアへ。
その中を横切り直ぐにあった。大通りに面してるので、分かりやすいね。

まだ、11時半前、昼の戦闘を待っている。嵐の前の静けさなのだろう。
入るとお客さんは数組。
一人ということもあり、一番奥の厨房前のカウンター席へ。アーチ状の煉瓦で出来た厨房とホールを繋ぐ受け渡し口の前には、これから押し寄せる人波のためのサラダが盛り付けられたお皿がピラミッド状に積みあがってる。
人気があるのだろう。
厨房の奥にも積み上げられてる。もう一山。野菜の量も半端ない。
僕は正面ではなく、むかって左奥の隅に着席。

お手拭き、水を渡してくれると同時にお決まりですか?と。すかさず、玄関にあったビフカツとエビフライのAセットを頼む。この間、数秒。
後から来た方には、メニュー必要ですかとも聞いていたから、動きを見て反応しているのだろう。それだけ、繁盛してるんだと。
      
A セット、登場!!!


凄い!!!


ビフカツ、思い切りはみ出てます。
エビフライは、ジョジョ立ち。
奥にはキャベツの山脈が!

ビフカツにはソース。
エビフライはタルタル。
キャベツはドレッシング。

ライスと味噌汁。

牛肉は薄手だけれど、ペラペラでもなく、まさにカツレツ。
衣の色は濃いめで、黄金色じゃないところがまた庶民的でいい。

女性だと食べきれない量だわ。

必死に格闘して、美味しくいただいた頃、混みはじめ、隣には、ジーンズの軽装なんだけれど格好いい初老の紳士が着席。カウンターど真ん中。
座るなり、「ステーキランチ カット!」と注文。続けざまにお冷をもってきた先程の女性に「箸を」と頼んでた。
当然、スタッフの女性も箸も同時にもってきていた。
常連さんなんだろうなあ。

観光客ばかりじゃなくて、地元に愛されている感じがいい店に入ったなあと束の間の余韻に浸ることができて、大満足でした。混んできたので、直ぐに退散。

来週も大阪で時間出来そうだから行こうかなと思ってみたり。

|

« 日帰りがコタエハジメル | トップページ | 小さな出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/61238607

この記事へのトラックバック一覧です: グリルミヤコ(弁天町, 大阪) 清貧の中の活力:

« 日帰りがコタエハジメル | トップページ | 小さな出張 »