« 人が少ない、、、電車 | トップページ | 4時間35分の幻想的な時間 »

2016.02.11

Double first key ceremony @Pilsen alley on 11th. Feb. "HARVESTMOON 'ONLY ONE!' Tap Takeover "

本日、14時から銀座6丁目のピルゼンアレイさんで、舞浜ハーヴェスト・ムーンさんのタップテイクオーバーと称する乗っ取りイベントが開催されます。
僕は関わっているような関わっていないような立場なので、単純に楽しみたいと思ってます。

個人的には、最近流行りの形式ではありますが、さほど重きをおいていません。

電車ジャック広告と同じく、興味のある人には楽しいのですが、全く関心がないとどちらかというと悪い印象に映りやすい形式だからです。
だから、自分は企画したりしませんし、参加もほとんどしません。

たまたまお店に寄ったときにそんなイベントがあると楽しませてもらいますけれど。
少ない経験からではありますが、身体にあわないものばかりということもあったりすることもあるので、そんな印象を抱いているのかもしれませんね。
多様性というか色々なところの色んなスタイルがあることが今の隆盛を形作った一因だと思いますし。一つの醸造元で、さまざまなものをつくって、どれも良いというところは限られていますし。
さて、ややこしい個人的な感想はおいといて、今回のイベントは、たった一つのタップしかないビアバーで、その一つを奪いさるという点が皮肉が効いているというか洒落ているというかメタファーというのか、そんな点がいいなと。
さらに言うと、ピルスナーしか提供しない生業。アサヒのスーパードライしかない店で、僕らのハーヴェスト・ムーンの姉さん自らが場所を指名して、ピルスナーを提供してもらうという。



どこまでも、変態なイベントだなあ。
休日にやるので、ほとんどのお客さんは、理解していらっしゃるわけで、先ほど書いたような軽い失望を覚えるのは少ない点もよいなと。通常営業だと、楽しみに来る方もいらっしゃるわけですからねえ。
さて、最後になりますが、このイベントが、ハーヴェスト・ムーンとしては、初のタップテイクオーバーなのだそうです。これまでも、ほぼのっとりはあったけれど、厳密には初めての記念すべきイベントで、2ヶ月前にオープンしたばかりのピルゼンアレイにとっても、初のイベントだそうです。

それを聞いたら行かないわけにいきませんねえ。ぜひ、歴史の生き証人になりに行きましょう!
まあ、ただ、楽しく呑みたいだけなんすけどね。

|

« 人が少ない、、、電車 | トップページ | 4時間35分の幻想的な時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/63194362

この記事へのトラックバック一覧です: Double first key ceremony @Pilsen alley on 11th. Feb. "HARVESTMOON 'ONLY ONE!' Tap Takeover " :

« 人が少ない、、、電車 | トップページ | 4時間35分の幻想的な時間 »