« 異動とかのシーズン | トップページ | 2016東京国際包装展(TOKYO PACK 2016)の波にもまれて »

2016.10.06

嵐のなかで感嘆する

夜半、突然の暴風雨に見舞われる関東。

幸運にも荒天になる前に帰宅。

本当にギリ。
とはいえ、珍しく早く帰ったものだから、途中のアレを建設した。

なんか、もう別次元の凄さ。1/100のMGのガンプラ。

RG で味わっていたけれど、size does matter 。デカさは圧倒。
週末に頭部で完成だな。嗚呼、凄い。ノウハウというか知見の蓄積と改善の脈々と流れる思想。
やっぱり、ガノタとか関係なく、メーカー諸氏は特に、一度はつくることをお奨めする。

仕事で射出やプラスチックに関わる人は必修かと。技術者、いや新入社員の研修で使うかな。
どういう内容にして、何を伝えるかな。

ざっくり、①市場の動向(身の回り) ②プラスチック樹脂と成形の種類を解説

③それぞれの特長(特徴じゃない)

④実物、もしくは課題投げかけグループで提案

⑤実際につくってみる

⑥驚きの解説
こんな流れかな。たのしそー。

|

« 異動とかのシーズン | トップページ | 2016東京国際包装展(TOKYO PACK 2016)の波にもまれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/64307677

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐のなかで感嘆する:

« 異動とかのシーズン | トップページ | 2016東京国際包装展(TOKYO PACK 2016)の波にもまれて »