« 純露の夜、喧騒の宴、幻想の極 | トップページ | 春風がそよぐ3月の狂気 »

2017.03.04

羊の夜の紙芝居

平日1日を除いて4日間、あるプレゼンを社内向けにやった。

金曜日の夜、お疲れさま会があって、羊を食べたい俺、小樽に愛着のある先輩と意見が一致して、北海道な居酒屋へ。

後から同僚も合流。
ちゃんとしたジンギスカンに行きたかったが、付近にはないので、時折行ってたその居酒屋へ。
しかし、聴衆の感じなどで、毎日少しネタを変えるとはいえ、大体同じ内容なので、さすがに飽きます。向こうは初見、こっちは繰り返し。
そして、力は抜けない内容。

まずまずだったとは思うが、追加で大阪公演?も行うこととなり、3月は怒濤の出張月間になることが決定。
とにかく体力勝負だな。

さて、追加公演も気合いを入れて、内容を見直して、よりおもろい?もんにしよう。

|

« 純露の夜、喧騒の宴、幻想の極 | トップページ | 春風がそよぐ3月の狂気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/64970225

この記事へのトラックバック一覧です: 羊の夜の紙芝居:

« 純露の夜、喧騒の宴、幻想の極 | トップページ | 春風がそよぐ3月の狂気 »