« 次は電車を使う | トップページ | さらにその先に向かって »

2017.07.20

関門ばかり

この旅、本筋は順調なのに、脇ばかり引っかかる。
本筋じゃないところで、オモロイことばかり。ストレスでもあるけど、なんかだんだんワラッテキタ。
入国の際、僕の列はやたら時間がかかっていて、失敗したなあとおもってゆっくり待っていた。ようやく、次が自分の番だとおもっていたら、前のおっさんがこれまで以上に時間がかかっていて、若干苛立っていた。

日本人のおっさん、私服。

どうも、英語が全く分からないようだ。

同僚の二人のサラリーマン風(スーツ着ていたので)は、先に通過してしまい、あまりに遅いので引き戻して来はじめていた。

遠くに見えていた。
しまいに、美人の入管管理職員が俺に目をあわせて、連れか?遠くから聞く。

違うとジェスチャー。

英語は喋れるか?手伝ってくれと。

仕方ないから前に進み出て、そのおっさんに、美人の質問を訳して、おっさんの答えを訳して、通訳をしていたら、このおっさんの受け答えが無茶苦茶で、ますます質問に拍車をかける。

多分、観光だといえと教え込まれているのだけれど、それにしても、支離滅裂で、そうこうしてるうちに、様子が変だと連れが戻ってきてところに、美人職員ドアを開けて、後ろを見て、その同僚を近くに越させた。

ようやく交代。
結局、同じような内容を連れにしてるのだが、その答えがさっき訳した内容と違うものだから、ますます混乱。

俺は、直訳しただけなのに、お前、シバく。

観光ゆうてたのに、ビジネスだとか聞こえる範囲でもはちゃめちゃ。
まあ、何だかんだで(思い出しても怒りが)ようやく、終わって、僕の番。
当然ながら、顔パス、ほぼ質問もなし。美人職員、さっきはありがとうねーと。何なら、連絡先聞いておけばよかったわ。
通過した僕は、不思議めんどくさおっさん3人がさっきのトラブルで盛り上がってるところを、スリップストリームに入って、殺気だちながら通過。
通りすぎるところに盛り上がりすぎてるらしく、先程はすみませんだのありがとうもないのに、殺気マックス。
そんなこんなで始まった旅は、そういうしょうもないところで、味噌がつきまくりである。
鍵が動かないとか、セキュリティ通るときに、前の人が裸にならさられるかの勢いで入念にチェックされたりとか、俺じゃない何かが引っかかる。
不思議な旅で、恐らくまたなんか起こるんだろうなとおもい始めて、起きると笑いたくなってくる、俺は、鶴瓶かと。

|

« 次は電車を使う | トップページ | さらにその先に向かって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/65558022

この記事へのトラックバック一覧です: 関門ばかり:

« 次は電車を使う | トップページ | さらにその先に向かって »