« No sacrifice, No victory / 犠牲なくして勝利なし | トップページ | Long distance running / 長距離走 »

2017.08.26

Solitude attitude / 孤独態度

韻を踏んでいるから思い付いたタイトル。特に意味はなし。厳密に言えば、やや誤り。
仕事は最近しんどいながらも恵まれているなとよく思う。互いの信頼があって、尋ねる雰囲気もあって、それぞれに専門家がいて、これで、売上が予定通り上がれば、こんな最強なことはないのだけれど。
意志がないところに、道は成らずというか、no will, no success とか、no try no happen だな。
僕にも言えることだが、全てをやりたがりというかある程度できちゃうので、部下や同僚に任せきれない同僚がいる。

特に、僕は前線に立つのが好きなもんで、ついつい、やっちゃうのだけれど、そうではなくて、基本的に仕事に対して頭で理解していても、慎重と言えば慎重、怖がりなところがある上に、物事を、現実的に考えすぎるというか、楽観視しない奴なのだ。

ポジティブではない。ネガティブ。
立場としてはどちらの考え方も持ちつつ、判断や決断していかなければいけないと思うが、前のめりにいかないと周囲がついてこないと言うときに、消極的になってしまうことが多い。

皆の前では、ポジティブ思考なふりをすればいいと思うが、
基本、僕はあまり考えてない、直感的なので、いつも小競り合いだ。彼とは。

色々と考えてはいるけれど、なかなかうまくいかない。

自分を変えて、うまく行くような道も探るのだけれど、なかなかうまくいかない。

最近は、結局、自責じゃなく、他責にしてしまって、彼は向いてないのではと考えてしまっている。

向こうは、きっと、もっと、自身を向いてないと考えていると思うけれど。
とにかく、暴走出来るとか、自身を持てるような何かのきっかけを創りたいとそればかり考えている。

|

« No sacrifice, No victory / 犠牲なくして勝利なし | トップページ | Long distance running / 長距離走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/65710612

この記事へのトラックバック一覧です: Solitude attitude / 孤独態度:

« No sacrifice, No victory / 犠牲なくして勝利なし | トップページ | Long distance running / 長距離走 »