« Chasing what I'm looking for / 望むものを追いかけて | トップページ | たぶん、移転のお知らせ »

2017.09.03

Dragonfly catcher in the flat / マンションのトンボ捕獲者

早朝。

マンションの階段を降りる。

純粋そうな少年が独り。目が合う。

「こんにちは」、と。

向こうから、こっちがおはようと話しかける前に。

よくしつけられたいい子だなあと思いながらも、まだかなり早朝と心のなかで突っ込み。

お父さんも兄弟もまわりにいない。

虫かごと網を持ってる。夏休みの少年の王道。

でも、もう8月は終わった。
なんとなく、潤んだ眼が呼びかける。

「何獲ったの?」、と思わず。
少年は、恥ずかしそうに、でも誇らしげに

「トンボとバッタ」、と。

おっさん、

「おおすごいなあ」、と。

特段、いい言葉が思い当たらず、話を続ける余裕もなく、そのまま去ってしまった。

あんなとき、なんであんなにぎこちなくなるのか、少年時代、なんて声かけられたら嬉しかっただろうなあ、と思いながら、小さな男の子の純朴さはいいなあと。母性がくすぐられる思い。
もし、母性が本当に女性にあるのだとしたら、ああいう瞬間が堪らないのだろうなあ。
最初の数年があるからこそ、20前後まで育てられると言うが、なんとなく分かる。
こんど、僕の仮説?は正しいのか確認してみよう。

|

« Chasing what I'm looking for / 望むものを追いかけて | トップページ | たぶん、移転のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11100/65744613

この記事へのトラックバック一覧です: Dragonfly catcher in the flat / マンションのトンボ捕獲者:

« Chasing what I'm looking for / 望むものを追いかけて | トップページ | たぶん、移転のお知らせ »